SlowBeauty

命を頂くことに感謝して、栄養満点のご飯を食べよう

「 食材の種類別に探す 」 一覧

胡瓜(キュウリ)イメージ

【胡瓜】キュウリの栄養・効果

水分含有率が高くカロリーが低いことから栄養のない野菜とも言われるキュウリですが、シリカ(ケイ素)というミネラルには髪や爪を強化し光沢を与える・コラーゲンの生成補助などの働きが期待されアンチエイジングや美肌・美髪保持に効果が期待されています。脂肪分解酵素ホスホリパーゼを含むため、カリウム補給と合わせてダイエット

ゴーヤー/苦瓜イメージ

【苦瓜】ゴーヤーの効果

ゴーヤーはビタミンCがトマトやキュウリの約5倍もあり、しかも加熱しても壊れにくい性質を持ちます。むくみの改善に効果があるカリウムや、便秘の改善・デトックスに欠かせない食物繊維も含まれています。またゴーヤの種に含まる共益リノール酸という脂肪酸は脂肪分解を活性化させる作用があり、ダイエットにも効果が期待

南瓜(カボチャ)イメージ

【南瓜】かぼちゃの栄養・効果

かぼちゃは抗酸化作用を持つβ‐カロテン・ビタミンE・ビタミンCを含む緑黄色野菜。抗酸化作用の期待できる美肌野菜としてや便秘解消用として親しまれていますが、そのほか免疫力向上や目の健康維持・生活習慣病予防など様々な健康メリットが期待されています。ビタミンCは熱に強い性質があるので

茄子(ナス)イメージ

【茄子】ナスの栄養・効果

なすは約94%が水分で低カロリーなのでダイエットに嬉しい食材。ビタミンB群、ビタミンC、カリウム、カルシウムなども含んでいます。食物繊維と水分が多いので便秘解消にも役立ちます。茄子色の元となっているアントシアニン系色素の「ナスニン」の抗酸化作用は強力で、ブロッコリーやほうれん草よりも抗酸化力が高いとする説も

トマトイメージ

【蕃茄】トマトの栄養・効果

トマトはリコピンやβ‐カロテンなどの抗酸化ポリフェノールが豊富です。リコピンはコラーゲン合成促進や美白効果が報告され美肌作りやアンチエイジング効果が期待されています。またリコピンは成長ホルモンの分泌による脂肪燃焼促進・脂肪蓄積予防効果が、脂肪酸13-oxo-ODAにも脂肪燃焼効果が報告され「夜トマトダイエット」

長ネギ(白葱)イメージ

【白葱/長葱】長ネギの栄養・効果

長ねぎはアリシン(硫化アリル)という成分が含まれ、ビタミンB1の吸収・保持作用から疲労回復・精神安定・不眠解消効果などが期待できます。また血流の改善、抗酸化作用による血液サラサラ効果があり、体を温めて冷えの解消や生活習慣病の予防にも効果的です。アリシンは白い部分に多く、緑色部にはビタミンAやCが多く

玉葱(タマネギ)イメージ

【玉葱】タマネギの栄養・効果

タマネギに含まれるアリシン(硫化アリル)は血栓や悪玉コレステロール改善作用による血流改善効果や、ビタミンB1と結合することでビタミンB1持続時間を高め疲労回復・集中力向上効果などが期待されています。辛味成分から変化したトリスルフィド、セパエンも血液サラサラ効果があり、抗酸化作用の高いケルセチングルコシドなども

長芋(ナガイモ)イメージ画像

【長芋】ナガイモの効果

ネバネバ成分ムチン・消化酵素などを含むため滋養強壮や免疫力向上に役立つとされる長いも。血液循環を整える働きが期待されるアルギニンやサポニンなども含むため、脂肪蓄積防止・血行促進などダイエットサポートにも適しています。抗酸化作用と保湿作用により美肌作りや乾燥肌予防・改善

PAGE TOP