SlowBeauty

命を頂くことに感謝して、栄養満点のご飯を食べよう

「 食材の種類別に探す 」 一覧

白菜イメージ

【白菜】はくさいの栄養・効果

白菜は約95%が水分で低カロリー。ビタミンC・カリウム・カルシウム・マグネシウム・亜鉛・食物繊維なども少量ずつ幅広く含んでいますから美肌効果やむくみ解消効果も期待できます。微量元素モリブデンやアブラナ科共通のイソチオシアネート化合物(ジチオールチオニン)などが含まれることから、がん予防に役立つのではないかとも

菠薐草(ホウレンソウ)イメージ

【菠薐草】ホウレンソウの栄養・効果

緑黄色野菜であるほうれん草には美肌に欠かせないβ-カロテンが豊富で、ビタミンC、ビタミンB群や、むくみ解消に役立つカリウムのも豊富。「胃腸のほうき」と呼ばれるほど食物繊維も豊富。ほうれん草の効能で特出しているのは貧血の予防・改善効果。鉄や造血ビタミン葉酸を多く含み、血流改善効果のあるピラジンも含まれ

ニラ(韮)イメージ

【韮】ニラの栄養・効果

ニラはβ-カロテンやビタミンA、ビタミンC、食物繊維、ミネラルが豊富。ニラの食物繊維は、大腸を活性化して便通を促す“食べる下剤”とも言われるほど。硫化アリル(アリシン)を含みビタミンB1の吸収アップ、アンチエイジング効果、抗酸化作用で血液がサラサラになり、血の巡りも良くなるため冷え性の改善にも期待

セロリイメージ

【和蘭三葉/塘蒿】セロリの栄養・効果

セロリにはカリウム、β-カロテンやビタミン類、食物繊維などを含んでいることから美容野菜として人気。約40種類含まれている香り成分に含まれるアピインやセネリンは精神を落ち着かせる働きが期待され、ピラジンには血流を良くしてくれることから新陳代謝の活発化や疲労防止・免疫力アップも繋がると考えられています。低カロリーで

菜の花イメージ

【油菜/菜花】菜の花の栄養・効果

菜の花には豊富な栄養素の相乗効果で抗酸化作用(老化防止)、疲労回復、美肌効果などが期待できます。野菜類の中でも多く葉酸を含み、鉄分と併せて貧血防止の効果があります。菜の花はデトックス効果や血液サラサラ効果のあるイソチオシアネートの元となるグルコシノレート含有量がアブラナ科の中でもトップクラス。特に蕾部分には

小松菜(コマツナ)イメージ

【小松菜】コマツナの栄養・効果

小松菜は抗酸化ビタミンや、カルシウム・鉄分などを豊富に含み、100gあたり14kcalと女性に嬉しい食材。カルシウムは骨粗鬆症予防だけではなく精神安定・抗ストレスに、鉄は貧血・冷え改善効果が期待できますし、コラーゲンの主要成分プロリンや肥満予防効果が期待されるネオキサンチンが含まれているため美容野菜としても注目

冬瓜(トウガン)イメージ

【冬瓜】とうがんの栄養・効果

冬瓜は水分率が多くカリウムを豊富に含む、むくみ解消効果がある低カロリーなダイエット食として注目されています。冬瓜に含まれる「サポニン」には糖や余分は脂肪の吸収・蓄積を抑えてくれる働きがあることなども、冬瓜がダイエットに適していると言われる理由です。そのほかに生状態で見るとビタミンCの含有量が多く、風邪予防や美容

胡瓜(キュウリ)イメージ

【胡瓜】キュウリの栄養・効果

水分含有率が高くカロリーが低いことから栄養のない野菜とも言われるキュウリですが、シリカ(ケイ素)というミネラルには髪や爪を強化し光沢を与える・コラーゲンの生成補助などの働きが期待されアンチエイジングや美肌・美髪保持に効果が期待されています。脂肪分解酵素ホスホリパーゼを含むため、カリウム補給と合わせてダイエット