SlowBeauty

命を頂くことに感謝して、栄養満点のご飯を食べよう

【帆立】ホタテ貝の栄養・効果

帆立(ホタテ)貝イメージ
  1. 帆立とは
    1. 帆立の歴史
    2. こんな方にオススメ
  2. 帆立の栄養・効果(前半)
    帆立の栄養・効果(後半)
  3. 選び方・食べ方・注意点
    1. 効果をアップを狙える食べ合わせ
  4. 帆立の活用・民間療法

帆立(ホタテ)とは

生であればプリプリ・火を通せばサックリとした食感と、他の貝類には無いほどの肉厚感が魅力のホタテ。甘み・旨味がありつつもあっさりとしてクセが少ないことから、ホタテの貝柱は好き嫌いが分かれやすい貝類の中でお子さんなどにも人気の高い食材と言えるでしょう。その旨味と栄養価から「貝の王様」とも呼ばれています。
ホタテの料理法は刺し身やバター焼きなどホタテを主体とした食べ方も勿論多いですが、旨味成分が多いため中華料理で使われるXO醤などの材料、高級オイスターソースの隠し味などにも利用されています。貝殻は野趣を演出する皿・鍋としてる買われる他、学校のチョークや牡蠣の養殖などにも利用されています。

動物分類で見ると帆立貝はイタヤガイ科に属す二枚貝の一種で、私達が普段“ホタテ”と呼んで食べているのは主に和名ホタテガイ、学名Mizuhopecten yessoensisという種類です。そのほかホタテの仲間(ホタテ類)として西日本で食されるツキヒガイ、北海道で獲れるエゾキンチャクガイ、カラフルな色の貝殻を持つヒオウギガイなど、他のイタヤガイ科二枚貝も食用としています。
ホタテと翻訳されることの多い英語の「scallop(スカロップ)」はイタヤガイ科の総称として利用される単語で、ホタテガイという種類を伝えたい場合は“Japanese scallop”と表します。ヨーロッパやアメリカなどでもそれぞれの海に分布するイタヤガイ科の貝類が日本のホタテと同じ感覚で食されてるようです。

余談ですがホタテという呼び名は江戸時代中期に編纂された『和漢三才図会』によると「口を開いて一の殻は船のごとく一の殻は帆のごとくにし、風にのって走る。故に帆立蛤と名づく」と記述があり、昔は帆のように立てて海中を走る貝と考えられていたために“帆立貝”と命名されたそうです。実際は貝の中に入っている海水を水鉄砲のように勢い良く吐き出すことで飛ぶように移動しているだけで、貝殻の一片を立てて走っているわけではありません。

ホタテといえば食用以外に“真珠”も知られています。最近でもホタテのヒモの乾物(加工品)を食べていたら真珠が出てきたと一部で話題になったことがありましたし、スーパーなどでホタテを買っても運が良ければ出てくることがあるようです。ホタテガイから出てくるものは本真珠ではありませんが“スキャロップパール”と呼ばれる珍しい宝石で、持っている人を幸せにするという伝承もあるそう。スキャロップパールは外套膜(貝ひも/ミミ)部分に作られるので、ちょっと面倒な下処理もワクワク感を楽しめるかもしれません。

帆立(ホタテ)の歴史

ホタテガイは東北から北海道にかけて生息しています。北海道や青森などでは縄文時代の貝塚からもホタテの貝殻が発見されており。ハマグリやカキと共に食料として利用されていたことが分かっています。縄文時代以降も一部地域では食べられていたと考えられていますが、一部地域でしか獲れず、また天然ホタテは漁獲が不安定なため全国的な流通はさほど行われていなかったようです。

ちなみにヨーロッパでは古代ローマ人はホタテを焼いて食べていたと言われています。また女性性や豊穣の象徴とも考えられていたそうで、宗教的なモチーフなどにも利用されていたそう。古代ではありませんが、ボッティチェリ『ヴィーナスの誕生』に描かれていることがよく知られていますね。
キリスト教では十二使徒の一人である“聖ヤコブ”のシンボルとされており、中世になると聖ヤコブの以外があるとされるサンティアゴ・デ・コンポステーラへの巡礼路の象徴としても利用されるようになります。元々は旅の途中でこのホタテの貝殻を更にして食べ物を恵んてもらっていたと伝えられていますが、現在も巡礼の証としてホタテの貝殻を付ける習慣があったり、巡礼路にある道標にもホタテのマークが必ず付けられているそうです。

江戸時代に中国貿易に輸出された「俵物三品」と呼ばれる干しアワビ・フカヒレ・干しナマコとがよく知られていますが、中国では干した帆立の貝柱が珍重されていたためホタテの干貝柱も輸出資源として利用されていたと言われています。扱いとしては輸出用の高級品で、国内にはあまり出まわらなかったそうです。
ホタテの養殖が行われるようになったのは遅く、昭和に入ってからです。昭和40年頃には北海道や青森でのホタテ養殖が本格的に確立し、1980年代から90年代にかけ生産量が急速に伸びて行きます。それに伴って単価も半額以下になり、現在では食用貝のトップに位置しています。ホタテが国民的な食材になったのはごく最近のことと言えますね。

帆立(ホタテ)はこんな方にオススメ

  • 疲労回復・体力増強
  • 疲労感やだるさが抜けない
  • お酒をよく飲む方
  • 二日酔いの予防や回復に
  • 便秘・むくみの緩和に
  • 貧血・血行不良気味の方
  • 男性の精力アップに
  • 月経不順気味の方に
  • 妊活・妊娠中の栄養補給に
  • 血糖値・中性脂肪が気になる
  • 生活習慣病の予防に
  • 肥満予防、筋肉を付けたい方
  • 情緒不安定、不眠気味の方
  • 目の疲れ・視力低下が気になる
  • 乾燥肌や肌トラブルがある方
  • 肌のハリ低下やシワが気になる
  • 髪や爪の痛みが気になる
  • 抜け毛や白髪が気になる方

帆立(ホタテ)の主な栄養・期待される効果:前半

ホタテはタンパク質の割合が高く、カロリーは100gあたり72kca(※貝柱のみであれば97kcal)と魚介類の中ではやや高めですが、脂質が少ないのでヘルシーな食材と言われています。風味はあっさりとしていますが、コハク酸やグルタミン酸などのアミノ酸が多いためうま味が強く食べごたえもあります。

栄養価としては牡蠣と並ぶほどタウリンが多く含まれているのが特徴で、ミネラル類では亜鉛、ビタミン類ではビタミンB2とB12が多く含まれています。特出して多い成分はタウリンと亜鉛程度ですが、ビタミン・ミネラルをバランス良く含んだ食材と言えるでしょう。

【疲労回復・肝臓サポート】

牡蠣のタンパク質にはBCAA(イソロイシン、バリン、ロイシン)やグルタミン酸、アスパラギン酸、タウリンなど疲労回復や体力増強に役立つとされるアミノ酸が幅広く含まれています。疲労回復・滋養強壮に役立つ貝と言うと牡蠣のイメージがある方も多いかと思いますが、100gあたりのタンパク質の比率はホタテのほうが約2倍と多く、アミノ酸類も概ね牡蠣を上回る含有量となっています。

アミノ酸の中でも健康成分として注目されているタウリンは、胆汁酸の分泌を促す働きや肝細胞の再生を促すなどの働きから肝臓機能を高めることで疲労回復に役立つと考えられています。またアルコールは肝臓で無毒化(分解)する代謝途中で発生する“アセトアルデヒド”の分解を高める働きもあります。タウリン含有量は牡蠣70-1180mg、ホタテ670-1000mgとそれぞれに差がありますが、貝類の中でどちらもトップクラスと言われています。

加えてホタテにはアルコール脱水酵素がアルコールを分解するときに必要とされる亜鉛アルコール分解酵素の働きを補酵素としてサポートするナイアシンなども含まれています。タウリンなどアミノ酸類と相乗して二日酔い予防や回復サポート、お酒を多く飲む方の肝臓負担軽減・回復促進に役立つと考えられます。肝臓機能を高めることでだるさや眠気など慢性的な疲労感の回復にも効果が期待できるでしょう。

【デトックス】

ホタテは100gあたり生(ひも付)であれば310mg、貝柱部分のみであれば420mgと魚介類の中ではトップクラスのカリウムを含んでいます。加えて血液・リンパ液の循環を正常に整える働きのあるマグネシウムや血行を促すビタミン類なども含まれていますし、アミノ酸の一種であるタウリンにはも筋肉の収縮力を高めることでむくみを改善する働きが期待されています。これらの成分が相乗することでむくみ改善効果が期待できますし、タウリンの働きは腸の蠕動運動を促すことで便秘改善にも役立つと考えられています。

またタウリンは肝機能を高める働きがあります。肝臓は血液中の毒素を濾過する働きを持っていますが、アルコールやカフェイン・脂質・糖分などの摂取が多い方ほどその機能が疲弊してしまう可能性があります。肝臓疲労は人が本来持っている解毒機能を低下させてしまいますので、タウリンなどの働きで肝臓が活発に働くことでデトックス力アップにも繋がると考えられています。ホタテには血行を促すナイアシンやビタミンEなども含まれていますので、合わせてデトックスにも役立ってくれるでしょう。

【貧血・冷え性の改善】

ホタテは造血に関わる栄養素をバランスよく含んでいます。ホタテ可食部100gあたりの鉄分含有量は2.2mgと多く、含まれている鉄分は植物性鉄分よりも吸収率が高いとされるヘム鉄ですの鉄分補給源として役立ってくれるでしょう。ホタテには丈夫な赤血球の生成に欠かせない亜鉛造血をサポートする葉酸やビタミンB12などもバランスよく含まれていますし、不足すると貧血を引き起こすことがあるタンパク質も豊富なので複合的に貧血の予防・改善効果が期待できます。

貧血の改善に役立つことに加え、ホタテには血液循環をサポートするマグネシウム・ナイアシン・ビタミンEなどの栄養素も含まれています。代謝に関わるビタミン・ミネラルやアミノ酸も多く含まれていますので冷え性の改善にも効果が期待できます。ただし貝柱部分の鉄分含有量は100gあたり0.2mgと少なく、その他の栄養成分も含有に偏りがありますので、貧血・冷え性気味の方はヒモ(外套膜)や卵(生殖巣)なども食べるようにしましょう。

PAGE 1 PAGE 2

 - 食材の種類別に探す, 魚介・海藻 , , , , , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

  関連記事

蜆(シジミ)イメージ
【蜆】シジミ貝の栄養・効果

代表成分オルニチン・アラニン・メチオニンなど肝機能サポート成分が豊富で肝疾患予防や二日酔い対策に利用されるシジミ。オルニチンは成長ホルモンやコラーゲンの元プロリンを増やす働きも報告され美肌やダイエットなど美容面からも注目されていますし、貧血や冷え性・月経不順など女性に嬉しい効果も期待

ゴーヤー/苦瓜イメージ
【苦瓜】ゴーヤーの効果

ゴーヤーはビタミンCがトマトやキュウリの約5倍もあり、しかも加熱しても壊れにくい性質を持ちます。むくみの改善に効果があるカリウムや、便秘の改善・デトックスに欠かせない食物繊維も含まれています。またゴーヤの種に含まる共益リノール酸という脂肪酸は脂肪分解を活性化させる作用があり、ダイエットにも効果が期待

南瓜(カボチャ)イメージ
【南瓜】かぼちゃの栄養・効果

かぼちゃは抗酸化作用を持つβ‐カロテン・ビタミンE・ビタミンCを含む緑黄色野菜。抗酸化作用の期待できる美肌野菜としてや便秘解消用として親しまれていますが、そのほか免疫力向上や目の健康維持・生活習慣病予防など様々な健康メリットが期待されています。ビタミンCは熱に強い性質があるので

ひまわりの種/サンフラワーシードイメージ
【向日葵子】ひまわりの種/サンフラワーシードの栄養・効果

欧米ではスナック感覚で食されているヒマワリの種(サンフラワーシード)。高脂質でビタミン・ミネラルを豊富に含み栄養価が高いこと、抗肥満作用が期待されるトリナンを含むことから健康維持やスタイルキープに役立つ食材としても注目されています。リグナンを含まないので妊娠中

冬瓜(トウガン)イメージ
【冬瓜】とうがんの栄養・効果

冬瓜は水分率が多くカリウムを豊富に含む、むくみ解消効果がある低カロリーなダイエット食として注目されています。冬瓜に含まれる「サポニン」には糖や余分は脂肪の吸収・蓄積を抑えてくれる働きがあることなども、冬瓜がダイエットに適していると言われる理由です。そのほかに生状態で見るとビタミンCの含有量が多く、風邪予防や美容

ソラマメイメージ
【空豆】ソラマメの効果

そら豆にはビタミンB郡が豊富で、皮膚粘膜や髪、爪などの成長を促進する、血管の若さを保つビタミンB2も豊富に含まれていますから、肌荒れを改善し、エイジングレス肌を作ってくれます。たんぱく質や鉄分、銅、ミネラルの吸収を高めるビタミンCが含まれることからソラマメは貧血の予防にも効果を発揮し、むくみの解消に有

PAGE TOP