SlowBeauty

命を頂くことに感謝して、栄養満点のご飯を食べよう

【鰤】ブリの栄養・効果

ブリ(鰤)イメージ

ブリ(鰤)とは

ほっくりと家庭的な印象のある“ぶり大根”をはじめ、照り焼き・刺し身など家庭調理から高級料理まで様々なシーンで登場するブリ。地域によっては年取り魚として外せないという方もいらっしゃると思います。関東などでは鮭の方が縁起物としては珍重される傾向にありますが、何かと馴染みのある魚の一つではありますね。
時期になると「寒ブリ」と称して流通する通り旬は12~2月の寒い時期で、最も脂が乗って美味しく頂くことが出来ます。ブリという名前は“脂が乗っている魚”=アブラから変化したものと考えられていますし、漢字で「鰤」と書くのは師走(12月)に美味しい魚であることから由来とも言われています。また旬を過ぎた春のブリが持っている卵(マコ/真子)も珍味として好まれています。お醤油で煮るとお酒のアテにもピッタリな一品になりますよ。

分類上はアジ科に分類される回遊性の大型肉食魚で、体側(目の当たり)から尾まで直線状に通る黄色い線が入っているのが特徴です。英語で“Yellowtail”と呼ばれる所以でもあるそうです。日本では北海道南部から九州にかけて分布しており、一部の瀬付きを除き春から夏に北上・初冬から南下する形で回遊しています。漁獲水揚げ量としては島根県や鳥取県など西日本が大半を占めており、関東では千葉県で多く水揚げされています。

ブリは成長とともに名前が変わっていく“出世魚”の一つでもあります。縁起物としてお正月などに使われるのもこのため。稚魚のうちはモジャコ(藻雑魚)と呼ばれており関東圏では大きくなるに従ってワカシ(ワカナゴ)→イナダ→ワラサ→ブリ、関西圏ではツバス→ハマチ→メジロ→ブリと呼び分けことが多いようです。これら成長に応じた呼称には明確な基準はなく、関東を中心に天然ものをブリ、養殖ものは大型であってもハマチと呼び分ける傾向もあります。またお刺身などでは切り身全体に赤みがかった色をしているものをブリ、赤い部分と白っぽい部分が分かりやすく分かれているものをハマチと呼ぶ傾向もあります。

ブリの養殖(畜養)が盛んに行われ始めた頃は養殖ブリ(ハマチ)は安価・天然ブリは高級品という印象が強かったものの、最近では養殖ブリの方が脂が乗っているという評価もあり、価格さほど差はありません。天然のブリでもブランド魚をはじめ脂が乗っているものが勿論ありますが、トロ系のお魚が好きな方であれば養殖ものの方が美味しく頂けるという説もあります。

ブリ(鰤)の歴史

ブリは縄文時代の遺跡からも骨が出土しているため古くから食用とされていたのではないかと考えられますが、文献として確認できるものは室町時代以降と言われています。ただし平安時代の辞典『和名抄』の中には“波里萬知”という表記があり、これがハマチの古名なのではないかと考えられています。また富山県の加茂神社でお正月に行われている「鰤分け神事(ぶりわけしんじ)」という行事も平安時代から続いていると言われていますから、古代の人がブリ類を全く食べていなかったという訳では無いようです。

鎌倉時代末期頃になると現在のような感覚でブリの大きさによって呼称を変えていたと考えられています。室町時代に入ると文献等にもブリやハマチの記述が見られるようになります。室町幕府や織田信長へ能登からブリが献上されたという記録が残っていますから、1500年前後にはブリが縁起の良い魚として扱われていたと考えられます。初代加賀藩主である前田利家も年取り魚としてお歳暮にブリを贈っていたと言われていますし、1595年には前田利家が京都伏見に氷見灘浦のブリ17本を送るよう支持した「塩鰤上納申付け状」というものもあります。

現在でも北陸地方では結婚した年に“夫が出世するように・嫁振りが良いように”と願って娘の嫁ぎ先にブリを送り、婚家からはその半身を送り返す「歳暮ブリ」の風習が若干残っています。山陰などでは逆に嫁の実家に“嫁ぶりが良い”ことを表すためにブリを贈るようです。また信州でも年越しにブリを食べる習慣があり、ブリと白米を食べないと年を取れないと言われていたほど重要な存在と考えられていたようです。富山で水揚げされたブリが飛騨高山に運ばれ、“飛騨ぶり”と名を変え信州まで輸送されていました。信州へ至るまでのルートはいくつかあるのですが、それら輸送経路は総称して「鰤街道(越中ブリの道)」と呼ばれています。江戸時代、この道筋はブリだけではなく物や情報を運ぶ道としても重要だったと考えられています。

ただし江戸では脂っこい魚が好まれなかったこともあり、江戸中期の『黒白精味集』による魚の格付けでマグロやフグ・ドジョウなどと並んでブリも“下魚”とされています。対して大阪では17世紀後半に活躍した井原西鶴の著作には正月の祝い魚として“塩ブリ”が登場していますし、この頃には町人たちの間でもお正月にブリという考えが定着していたと考えられています。同じく大阪の寺島良安が1712年に記した『和漢三才図会』には出世魚でありお歳暮やお正月の贈答品に良い、1799年に記された版元が大阪の『日本山海名産図会』にも名前の由来やお年始に良いなどの情報が記載されているようです。現在まで続く東は・西はブリという食文化も江戸時代には確立していたのでしょう。

ブリ(鰤)はこんな方にオススメ

  • お酒をよく飲む方
  • 二日酔いの予防や回復に
  • 疲労回復・体力アップ
  • ストレスを感じている方
  • 情緒不安定や不眠の緩和
  • ドロドロ血液が気になる
  • 生活習慣病予防に
  • 集中力や学習効率を高めたい
  • 認知症を予防したい
  • 風邪・インフルエンザ予防
  • アレルギー症状の緩和
  • 生理痛の軽減に
  • 貧血・血行不良の改善
  • 冷え性・代謝が悪い方
  • むくみが気になる方
  • ダイエット中の方
  • 肌老化・肌荒れの予防
  • 口内炎が出来やすい方

Sponsored Link

ブリ(鰤)の主な栄養・期待される効果:前半

ブリは脂質の含有量が高く、100gあたりのカロリーも257kcalと魚類の中でも高めになっています。ただしブリも青魚でありオメガ3脂肪酸を含む良質の脂質ですから、食べ過ぎに注意すればさほど気にする必要は無いでしょう。ビタミン類ではビタミンB群が豊富で、ミネラルはカリウムとセレンがやや多くなっています。

肝臓サポート・二日酔い対策

ブリは生100gあたり9.5mgと、鰹などに比べると劣るものの1日の摂取目安量の半分以上のナイアシンを含んでいます。ナイアシンはビタミンB複合体の一つ(ビタミンB3とも呼ばれる)で補酵素として様々な機能をサポートしており、アルコール脱水素酵素やアセトアルデヒド脱水素酵素の働きを助ける働きもあります。アルコールを飲むほど消費される量が多くなり、ナイアシンが不足することでアルコールの分解途中で生じるアセトアルデヒドの分解が滞り、吐き気や頭痛などの二日酔い症状の原因にもなります。このためナイアシンを含む食材を摂取することで悪酔いや二日酔いの予防・軽減に繋がると考えられています。

またブリには肝臓の機能向上や肝細胞修復などの働きが期待されるアミノ酸「タウリン」も含まれています。ラットを使った実験ではタウリンに脂肪肝の中性脂肪を除去する働きが見られたことも報告されていますから、肝機能向上や脂肪肝・肝臓疾患予防など肝臓全体の健康維持に対しても効果が期待されています。ナイアシンと相乗して働くことで、アルコール摂取による肝臓の負担軽減にも役立ってくれるでしょう。

疲労回復・体力アップ

ブリというと脂質の多い魚という印象が強いですが、全体に占めるタンパク質量の割合は約20%でサバとほぼ同じ。アミノ酸スコアも100とされており、筋肉増強・回復促進に有効とされているBCAA(バリン、ロイシン、イソロイシン)や、クエン酸回路を活発化し疲労物質の分解をサポートしてくれるアスパラギン酸なども豊富に含まれています。加えて三大栄養素(糖質・脂質・タンパク質)の代謝をサポートするビタミンB群などもしっかりと含まれていますので、ブリはエネルギー源として疲労回復・体力アップにも役立つと考えられます。

またアスパラギン酸はアンモニアの無害化・排出をサポートする働きもあります。アンモニアはタンパク質の分解途中で発生する物質で、健康な方であれば肝臓で尿素へと代謝され尿として排泄されます。しかし疲労により肝臓機能が低下するとアンモニアの蓄積・血液とともに全身へと循環し、神経伝達物質の働きを阻害する・代謝低下による疲労物質蓄積・免疫力低下など様々な悪影響を及ぼします。アスパラギン酸がアンモニア排出を助けることで疲労や不調を緩和し、肝臓への負担も軽減してくれると考えられています。疲労臭と呼ばれるアンモニアのツンとした体臭の予防や改善にも効果が期待できます。

抗ストレス・精神安定

ブリは多くの青魚類と同様に、ビタミン類の中でビタミンB群を多く含んでいます。ビタミンB1やビタミンB12には神経機能を正常に保つ働きがありますし、ビタミンB6は神経伝達物質の合成にも利用されています。加えてナイアシンにも毛細血管を広げることで脳神経の正常な機能を助けるなどの働きがあると考えられていますから、相乗して神経系の健康維持にも役立ってくれるでしょう。またナイアシンはトリプトファンを原料として腸内細菌によっても合成されているため、不足するとセロトニンへ回される原料が減り精神的な不調や不眠の原因になるのではという説もあります。ブリには精神安定に有用とされるセロトニンの合成に必要なトリプトファン・マグネシウムも含まれています。

加えてアミノ酸の一種であるアルギニンの血行促進作用は、肉体疲労だけではなく脳・精神疲労軽減にも効果が期待されていますし、成長ホルモンの分泌を整えることでやる気・集中力アップやうつ病予防などに役立つとも考えられています。これら成分をバランス良く、不足なく補うことで神経機能や精神バランスの乱れを予防し、ストレス・神経疲労緩和効果が期待できるでしょう。

血液サラサラ・生活習慣病予防

ブリは青魚であり脂質量も豊富なため、オメガ3(n-3)系と呼ばれる不飽和脂肪酸が多く含まれています。オメガ3系脂肪酸の中でも血液サラサラ成分としてサプリメント等にも活用されているのが、EPA(エイコサペンタエン酸)もしくはIPA(イコサペンタエン酸)と呼ばれている成分で、血小板の凝集を抑制する働きや悪玉コレステロール・中性脂肪の低下、血圧降下作用などがあるとされています。

EPAの働きは高血圧や動脈硬化予防に効果的と言われていますし、結果として脳梗塞や心筋梗塞の予防にも役立つと考えられます。またナイアシンやビタミンEなど血管拡張作用を持つビタミン類も含んでいますので、相乗して循環器疾患の予防効果が期待できるでしょう。脂質が多いものの糖質含有量が少なくGI値も40と低いため、適量であれば血糖値が気になる方の糖尿病予防食・糖尿病の方の療養食としても役立ってくれます。

PAGE 1 PAGE 2

食材の種類別に探す 魚介・海藻

 - , , , , , ,

投稿日:2017/03/14 (更新)
by SlowBeauty