SlowBeauty

命を頂くことに感謝して、栄養満点のご飯を食べよう

「 不眠 」 一覧

ウニイメージ

【海胆/海栗】ウニの栄養・効果

クリーミーな舌触りと濃厚な味で人気のウニは、脂質が多い印象を持たれがちですがタンパク質が多く比較的低脂肪な食材。抗酸化作用を持つビタミンE・ビタミンAとして働くβ-カロテンとエキノネンなどを含んでおり、風邪予防や老化予防に役立つと考えられています。またウニの炬燵(こたつ)要らずという言葉があるように冷え性にも

鰯(イワシ)イメージ

【鰯】いわしの栄養・効果

大衆魚の代表格とも言えるイワシですが、実はEPA(IPA)やDHAなどのオメガ3(n-3)系不飽和脂肪酸を豊富に含む青魚でもあります。このため生活習慣病用や認知症予防などに注目されていますし、鉄分やカルシウムが豊富なので女性のミネラル補給にもオススメ。血液循環を整える成分も多いので冷え性軽減・肌の新陳代謝向上

鯖(サバ)イメージ

【鯖】サバの栄養・効果

日本の食文化に欠かせない魚であり、DHA・EPA(IPA)などのオメガ3脂肪酸を豊富に含む食材として再び見直されているサバ。アミノ酸が豊富な良質なタンパク源であり、ビタミンB群の含有も多いことから疲労回復やスタミナアップにも役立ちます。また美容面でも血流改善や代謝向上など

浅蜊(アサリ)イメージ画像

【浅蜊/蛤仔】アサリの栄養・効果

動物食品の中では最も低カロリーで、うま味成分が多いため使い勝手の良いアサリ。タウリンやベタインなど肝臓をサポートしてくれる成分が豊富なので肝機能向上や二日酔いケアに役立ちますし、鉄分が多いので貧血気味の女性にも適しています。そのほか疲労・目の疲れ回復や不眠の緩和

蜆(シジミ)イメージ

【蜆】シジミ貝の栄養・効果

代表成分オルニチン・アラニン・メチオニンなど肝機能サポート成分が豊富で肝疾患予防や二日酔い対策に利用されるシジミ。オルニチンは成長ホルモンやコラーゲンの元プロリンを増やす働きも報告され美肌やダイエットなど美容面からも注目されていますし、貧血や冷え性・月経不順など女性に嬉しい効果も期待

牡蠣(カキ)イメージ

【牡蠣】カキ貝の栄養・効果

タウリン・グリシン・グルタミン酸・アスパラギン酸などアミノ酸を豊富に含む牡蠣は疲労回復や二日酔い対策・肝臓サポートに役立つ食材として親しまれています。全食品トップクラスに入るほど亜鉛の含有量が高いので男性の強精・強壮、薄毛予防、女性ホルモンのバランスを安定させる・妊活サポートなどでも注目

鰹(カツオ)イメージ

【鰹】カツオの栄養・効果

魚類の中でもヘルシーな鰹(カツオ)。高タンパクで疲労回復物質として注目されるイミダゾールジペプチドを含むため慢性疲労改善やスタミナアップに、オメガ3(EPA・DHA)により集中力アップ生活習慣病予防に良いとされています。またナイアシンなどビタミンB群も多いのでお酒のお供や代謝アップ用・精神・ホルモンバランス安定

鮪(マグロ)イメージ

【鮪】マグロの栄養・効果

マグロの赤身には疲労回復物質とされるイミダゾールジペプチド(イミダペプチド)やタウリンなどのアミノ酸を豊富に含み疲労回復や筋肉アップに役立つと考えられています。脂身(トロ)部分にはオメガ3(n-3)系不飽和脂肪酸を豊富に含み、血液サラサラ効果や記憶力アップ・認知症予防など