SlowBeauty

命を頂くことに感謝して、栄養満点のご飯を食べよう

「 女性ホルモン 」 一覧

蜆(シジミ)イメージ

【蜆】シジミ貝の栄養・効果

代表成分オルニチン・アラニン・メチオニンなど肝機能サポート成分が豊富で肝疾患予防や二日酔い対策に利用されるシジミ。オルニチンは成長ホルモンやコラーゲンの元プロリンを増やす働きも報告され美肌やダイエットなど美容面からも注目されていますし、貧血や冷え性・月経不順など女性に嬉しい効果も期待

帆立(ホタテ)貝イメージ

【帆立】ホタテ貝の栄養・効果

ホタテは低脂質でアミノ酸を豊富に含む良質なタンパク源といえる存在。牡蠣と並んで貝類ではタウリンの含有量も多いので疲労回復や筋力アップ・ダイエットなどにも役立ってくれますし、鉄分や亜鉛などのミネラル含有量が多いので貧血・冷え性改善・妊活サポート・不眠緩和・肌や髪の維持など

牡蠣(カキ)イメージ

【牡蠣】カキ貝の栄養・効果

タウリン・グリシン・グルタミン酸・アスパラギン酸などアミノ酸を豊富に含む牡蠣は疲労回復や二日酔い対策・肝臓サポートに役立つ食材として親しまれています。全食品トップクラスに入るほど亜鉛の含有量が高いので男性の強精・強壮、薄毛予防、女性ホルモンのバランスを安定させる・妊活サポートなどでも注目

鰹(カツオ)イメージ

【鰹】カツオの栄養・効果

魚類の中でもヘルシーな鰹(カツオ)。高タンパクで疲労回復物質として注目されるイミダゾールジペプチドを含むため慢性疲労改善やスタミナアップに、オメガ3(EPA・DHA)により集中力アップ生活習慣病予防に良いとされています。またナイアシンなどビタミンB群も多いのでお酒のお供や代謝アップ用・精神・ホルモンバランス安定

バジル/バジリコイメージ

【Basil】バジル/バジリコの栄養・効果

イタリアンには欠かせない存在として日本でもよく知られているバジル。フレッシュハーブはホウレンソウよりも多くのβ-カロテンを筆頭に、ビタミンの豊富な優れた緑黄色野菜としてサラダなどで食べることも出来ます。芳香成分にはリラックス効果や女性ホルモンバランス調整などにも効果が期待されていますし、便秘やむくみ・冷え性など

里芋(サトイモ)イメージ

【里芋】サトイモの栄養・効果

里芋に含まれているムチン・ガラクタン・グルコマンナンなどの粘り成分は胃腸粘膜の保護修復、血糖値上昇抑制、コレステロール低下など様々な働きが期待されています。水溶性食物繊維として働くことで善玉菌の腸内フローラの改善にも役立ちますし、ほか里芋の栄養成分と複合して代謝向上(ダイエット促進)や美肌作りなど

ミョウガイメージ

【花茗荷】ミョウガの栄養・効果

夏の爽やかな薬味として利用されることの多いミョウガ(茗荷)。栄養価自体はさほと高くありませんが、α-ピネンやミョウガジアールなどの働きで少量でも健康維持に役立つと考えられます。血行促進作用が期待されるため冷え性の緩和に役立つほか、夏バテ・食欲不振対策、風邪予防、女性ホルモのバランス調整、集中力アップなどにも効果

かぼちゃの種/パンプキンシードイメージ

【南瓜仁】かぼちゃの種/パンプキンシードの栄養・効果

カボチャの種(パンプキンシード)はドイツで排尿トラブルに良いハーブとして認められているほか、各国で栄養豊富な食材として親しまれています。マグネシウム・鉄分・亜鉛などのミネラルが豊富で疲労回復や貧血・むくみ緩和に、セトロニンの原料となるトリプトファン

PAGE TOP