SlowBeauty

命を頂くことに感謝して、栄養満点のご飯を食べよう

「 疲労回復 」 一覧

昆布イメージ

【昆布】コンブの栄養・効果

全体の約3割が食物繊維で、ヨウ素を筆頭にカリウムやマグネシウムなど様々なミネラルを豊富に含む昆布。便秘・むくみ・腸内フローラ改善・美肌・ダイエットなど健康面と美容面の様々な効果が期待でき、疲労感・生活習慣病が気になる方にも役立つ海藻です。腸内環境改善から免疫力向上やアレルギー緩和

アンズ/アプリコットイメージ

【杏子】アンズ/アプリコットの栄養・効果

西洋品種(アプリコット)と東洋品種(杏/アンズ)は風味に違いがありますが同じ種類の果物。栄養成分的には杏色と呼ばれるオレンジ色の通りβ-カロテン含有量が高く、またドライフルーツ(干しあんず)を食べる場合は鉄分・食物繊維・カリウムの補給源としても役立ちます。貧血や冷え性、便秘やむくみ、アンチエイジングなど女性に

洋梨/ラ・フランスイメージ

【西洋梨】洋ナシ/ラ・フランスの栄養・効果

和梨とは異なりねっとりとした食感と甘味が特徴的な西洋梨。特徴としては水溶性食物繊維の含有量が高いこと、カロリーが100gあたり54kcalと高めなことが挙げられます。ビタミン補給源としてはあまり期待できませんが、ラ・フランスにはアルブチンが豊富なことに加えポリフェノール類も多く含まれており抗酸化作用による老化予防

里芋(サトイモ)イメージ

【里芋】サトイモの栄養・効果

里芋に含まれているムチン・ガラクタン・グルコマンナンなどの粘り成分は胃腸粘膜の保護修復、血糖値上昇抑制、コレステロール低下など様々な働きが期待されています。水溶性食物繊維として働くことで善玉菌の腸内フローラの改善にも役立ちますし、ほか里芋の栄養成分と複合して代謝向上(ダイエット促進)や美肌作りなど

筍(タケノコ)イメージ

【筍】竹の子/タケノコの栄養・効果

旬な春をはじめ現代では通年親しまれている筍(タケノコ)。しっかりとした歯ごたえが有りますが水分量が多く、100gあたり26kcalと低カロリーなのでダイエット食にもオススメです。食物繊維やカリウムを含む他、アスパラギン酸を多く含むので疲労回復にも役立ちますし、シロチンという成分から脳の活性化・やる気アップも期待

スイカの種(西瓜子仁)イメージ

【西瓜子仁】スイカの種の栄養・効果

生ごみ扱いされることが多く、「食べると盲腸・虫垂炎になる」とも言われてきたスイカの種。しかし中国などではスナック感覚・月餅の餡など食材として活用されており、栄養価が高いことから日本でも注目され始めています。ビタミン・ミネラルを豊富に含み、便秘や貧血の緩和、抗ストレス、肥満予防など様々な

ひまわりの種/サンフラワーシードイメージ

【向日葵子】ひまわりの種/サンフラワーシードの栄養・効果

欧米ではスナック感覚で食されているヒマワリの種(サンフラワーシード)。高脂質でビタミン・ミネラルを豊富に含み栄養価が高いこと、抗肥満作用が期待されるトリナンを含むことから健康維持やスタイルキープに役立つ食材としても注目されています。リグナンを含まないので妊娠中

かぼちゃの種/パンプキンシードイメージ

【南瓜仁】かぼちゃの種/パンプキンシードの栄養・効果

カボチャの種(パンプキンシード)はドイツで排尿トラブルに良いハーブとして認められているほか、各国で栄養豊富な食材として親しまれています。マグネシウム・鉄分・亜鉛などのミネラルが豊富で疲労回復や貧血・むくみ緩和に、セトロニンの原料となるトリプトファンも豊富なため