SlowBeauty

命を頂くことに感謝して、栄養満点のご飯を食べよう

「 疲労回復 」 一覧

スイカの種(西瓜子仁)イメージ

【西瓜子仁】スイカの種の栄養・効果

生ごみ扱いされることが多く、「食べると盲腸・虫垂炎になる」とも言われてきたスイカの種。しかし中国などではスナック感覚・月餅の餡など食材として活用されており、栄養価が高いことから日本でも注目され始めています。ビタミン・ミネラルを豊富に含み、便秘や貧血の緩和、抗ストレス、肥満予防など様々な

ひまわりの種/サンフラワーシードイメージ

【向日葵子】ひまわりの種/サンフラワーシードの栄養・効果

欧米ではスナック感覚で食されているヒマワリの種(サンフラワーシード)。高脂質でビタミン・ミネラルを豊富に含み栄養価が高いこと、抗肥満作用が期待されるトリナンを含むことから健康維持やスタイルキープに役立つ食材としても注目されています。リグナンを含まないので妊娠中

かぼちゃの種/パンプキンシードイメージ

【南瓜仁】かぼちゃの種/パンプキンシードの栄養・効果

カボチャの種(パンプキンシード)はドイツで排尿トラブルに良いハーブとして認められているほか、各国で栄養豊富な食材として親しまれています。マグネシウム・鉄分・亜鉛などのミネラルが豊富で疲労回復や貧血・むくみ緩和に、セトロニンの原料となるトリプトファン

デーツ(ナツメヤシ)イメージ

【棗椰子】ナツメヤシ/デーツの栄養・効果

デーツは強い甘みを持つナツメヤシの果実で、マクロビオティックやローフードなどでお砂糖代わりに利用されている存在。近年はダイエット中でも甘いモノを食べたい女性にも支持されています。鉄分や葉酸が豊富なため貧血気味の方や妊娠中の方のおやつにも適していますし、カリウムや食物繊維が豊富なためむくみ・便秘対策にも役立って

大麦(押し麦/もち麦)イメージ

【大麦】押し麦/もち麦の栄養・効果

近年食物繊維が豊富な食材としてダイエット・腸内フローラ改善・生活習慣病予防食として注目を集める大麦。麦飯の定番の押し麦より水溶性食物繊維(β-グルカン)含有の多い「もち麦」を取り入れる方も増えています。β-グルカンは「デブ菌」と呼ばれる腸内細菌(ファーミキューテス門)を減少

サヤエンドウ(絹さや/スナップエンドウ)イメージ

【莢豌豆】絹サヤエンドウ/スナップエンドウの栄養・効果

未成熟なエンドウを若さやごと食べるサヤエンドウや中の豆部分も楽しめるスナップエンドウは分類上野菜に属し、豊富なビタミンCやβカロテンを含んでいます。タンパク質やアミノ酸、ビタミンB群などが豊富で疲労回復・代謝向上に、食物繊維による便秘改善にも効果が期待。36kcal、GI値は28とダイエット

紫蘇(シソ)/大葉イメージ

【紫蘇】葉シソ(大葉)の効果

近年シソは花粉症やアトピー性皮膚炎などのアレルギー症状緩和、アンチエイジング、ダイエット、美肌など様々な面で注目を集めています。ポリフェノール(ロズマリン酸、ルテオリン、アントシアニン系色素シソニンなど)やn-3系脂肪酸の「α-リノレン酸」、香り成分などの働きから現代人が抱える様々な不調の緩和・改善

アスパラガスイメージ

【阿蘭陀独活】アスパラガスの効果

アスパラガスはアスパラギン酸やGABAなどのアミノ酸、ビタミン、ミネラル、食物繊維などをバランスよく含みます。アスパラギン酸やサルササポゲニングリコシドの働きから疲労回復・免疫力向上・強壮など健康維持に役立ちますし、血流促進に役立つルチン、抗酸化作用を持つポリフェノール、ビタミンA,C,Eから美容面

PAGE TOP