SlowBeauty

命を頂くことに感謝して、栄養満点のご飯を食べよう

蓮根(レンコン)イメージ

【蓮根】れんこんの効果

レンコンはムチンやタンニンの働きで便通改善など胃腸機能向上に役立ちますし、熱に強く加熱しても壊れにくいビタミンCを含むため風邪予防などにも役立ちます。近年はレンコンポリフェノールによる花粉症軽減効果や、ビタミンCの美肌効果に加えムチンによるヒアルロン酸増量などによる美肌効果にも注目されています。ストレスの軽減や

カブ(蕪)イメージ

【蕪】かぶの栄養・効果

かぶには胃腸の働きを助ける消化酵素(アミラーゼ)が含まれており、かぶの葉にはβカロテンを筆頭にビタミン・ミネラル類が多く含まれています。カブにもイソチオシアネートが含まれているため代謝を高めて脂肪燃焼促進などにも役立ちますし、抗酸化・美肌に役立つビタミンC、むくみ・便秘緩和に役立つカリウムや食物繊維なども

人参(ニンジン)イメージ

【人参】にんじんの栄養・効果

にんじんは緑黄色野菜の王様と言われるほどβカロテンを大量に含み、抗酸化作用で美肌・アンチエイジングにも効果的で、皮膚や粘膜をすこやかに保つ効果もあります。にんじんはカリウム含有量が比較的多く、クマリンという抗酸化作用や代謝の向上効果があり、静脈やリンパの流れをスムーズにすることで老廃物の排出を促す

じゃがいもイメージ

【馬鈴薯】ジャガイモの栄養・効果

じゃがいもは熱にも強いビタミンCが豊富で、GABAやパントテン酸などを含んでいることからストレス対策や精神安定にも注目されています。また冷やすと難消化性でんぷん(レジスタントスターチ)に変化すること・ポテトプロテインには満腹分泌作用が期待されることから、便秘解消・腸内フローラ改善・むくみ緩和などダイエット面でも

牛蒡(ゴボウ)イメージ

【牛蒡】ゴボウの効果

ごぼうは水溶性・不溶性両方の食物繊維をバランスよく豊富に含み、便秘の解消やコレステロール値の低下、血糖値の急な変動を防ぐ効果が期待できます。アルギニンや、ポリフェノールの一種であるクロロゲン酸という抗酸化物質が含まれているため美肌やアンチエイジング(老化防止)、血流改善から冷え症の改善や血行不良によるくすみ改善

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
PAGE TOP