SlowBeauty

命を頂くことに感謝して、栄養満点のご飯を食べよう

チンゲンサイ(青梗菜/体菜)イメージ

【青梗菜/体菜】チンゲンサイの栄養・効果

青梗菜(チンゲンサイ)はブラッシカ・ラパを祖先とするアブラナ科の野菜で、和名である体菜(たいさい)・白軸のものはパクチョイとも呼ばれています。β-カロテン含有量が多くビタミンCも比較的多く含んでいるため、免疫力向上や風邪予防・抗酸化作用による生活習慣病予防などに役立つのではないかと考えられています。またカルシウムも多いので骨粗鬆症予防や成長サポートにも、低糖質・低脂質・低カロリーなことからダイエットに

ヤーコンイメージ

【Yacon】ヤーコンの栄養・効果

フラクトオリゴ糖が豊富に含まれていることから「オリゴ糖の王様」や「天然オリゴ糖の塊のような野菜(芋)」などと称されるヤーコン。また全体の85~90%近くが水分、かつ10%程度を占める炭水化物もヤーコンの場合はフラクトオリゴ糖が主成分という特徴があります。このため腸内善玉菌(ビフィズス菌や乳酸菌)を増殖させる手助けをしてくれる食材として便秘予防やダイエットサポートに

ヘーゼルナッツイメージ

【Hazelnuts】ヘーゼルナッツの栄養・効果

産地であるトルコでは一日一掴み食べることが健康の秘訣とも言われているヘーゼルナッツ。脂質が多くカロリーも高めですが、オレイン酸・パルミトレイン酸など良質な脂質が多いこと、ビタミンB群をバランスよく含むことから適量であれば健康維持や肥満予防にも役立つと考えられています。またビタミンEが多いため抗酸化や性ホルモン

カシューナッツイメージ

【Cashew nuts】カシューナッツの栄養・効果

ナッツ類の中では低脂質・低カロリーな部類のカシューナッツ。高タンパクかつビタミンB1が多いことから疲労回復に役立つと考えられますし、便秘予防や冷え性軽減・ダイエットサポートにも取り入れられています。抗酸化作用も期待できるためアンチエイジングを心がけている方・肌をキレイに保ちたい方にも良いでしょう。薄毛予防にも

ギンナン(銀杏)イメージ

【銀杏】ギンナンの栄養・効果

秋の風物詩でもあり、もちもちした食感とほろ苦くも甘みのある味が特徴的な銀杏。三大栄養素・ビタミン・ミネラルを広く含むため疲労回復や強壮のほか風邪予防や高血圧・むくみ予防などに役立つと考えられています。しかし食べ過ぎはギンナン中毒を起こす可能性があるので一日7粒程度・多くても10粒程度以内の摂取にすると良い

栗(クリ)イメージ

【栗】クリの栄養・効果

秋の味覚としてもお馴染みの栗は木の実類には珍しく脂質が少なく炭水化物量の多い食材です。糖代謝をサポートしてくれるビタミンB1の含有量も多く、他ビタミン・ミネラル類もバランスよく含んでいることから栄養補給源としても役立ってくれるでしょう。ビタミンC含有量が多いことから抗酸化作用によるアンチエイジングや美白などにも

マンゴスチンイメージ

【茫栗】マンゴスチンの栄養・効果

爽やかで上品な風味から「果物の女王」とも呼ばれるマンゴスチン。果皮はキサントンやアントシアニンなどのポリフェノールが豊富で抗酸化作用によるアンチエイジング効果や肥満予防効果などが期待されていますが、果肉部分はポリフェノール類をほとんど含まずビタミンB1やパントテン酸がやや多い程度。夏バテ対策や疲労回復に有効と

パパイヤ(パパイア)イメージ

【蕃瓜】パパイヤ(パパイア)の栄養・効果

パパイヤには炭水化物・タンパク質・脂質の3大栄養素全てを分解する働きがあることが報告される“パパイン”などの消化酵素、β-クリプトキサンチンなどのカロテノイドを始めとした抗酸化物質が豊富に含まれています。またビタミンC含有量も多いので風邪予防から生活習慣病予防・アンチエイジング・美肌など様々な働きが期待され