SlowBeauty

命を頂くことに感謝して、栄養満点のご飯を食べよう

「 果物 」 一覧

パパイヤ(パパイア)イメージ

【蕃瓜】パパイヤ(パパイア)の栄養・効果

パパイヤには炭水化物・タンパク質・脂質の3大栄養素全てを分解する働きがあることが報告される“パパイン”などの消化酵素、β-クリプトキサンチンなどのカロテノイドを始めとした抗酸化物質が豊富に含まれています。またビタミンC含有量も多いので風邪予防から生活習慣病予防・アンチエイジング・美肌など様々な働きが期待され

タマリンドイメージ

【朝鮮藻玉】タマリンドの栄養・効果

タイフェスなどで時折見かける豆のような不思議な見た目のトロピカルフルーツ、タマリンド。スーパーフードとして紹介されることもある存在で、酒石酸とクエン酸による代謝向上や疲労回復・ヒドロキシクエン酸(HCA)による肥満予防効果などが期待されています。ビタミンB群と鉄分・カルシウムが多く含まれていますので、栄養の偏り

グァバイメージ

【番石榴】グァバの栄養・効果

グァバとは グァバの歴史 こんな方にオススメ グァバの栄養・効果 選び方・食べ方・注意点 効果をアップを狙える食べ合わせ グァバの民間療法 グァバとは アセロラに次ぐビタミンCが豊富なフルーツとして注 …

アロニア/チョークベリーイメージ

【Chokeberry】アロニアの栄養・効果

アントシアニンやカロテノイド色素(β-クリプトキサンチン、β-カロテン)などポリフェノールを豊富に含み「ベリー類で最強の抗酸化力を持つ」とも言われるアロニア。高い抗酸化作用によるアンチエイジングや免疫力向上効果が期待される他、眼精疲労予防や抗肥満効果、美肌・美白などにも役立つのではないかと美容・健康両方から注目

アンズ/アプリコットイメージ

【杏子】アンズ/アプリコットの栄養・効果

西洋品種(アプリコット)と東洋品種(杏/アンズ)は風味に違いがありますが同じ種類の果物。栄養成分的には杏色と呼ばれるオレンジ色の通りβ-カロテン含有量が高く、またドライフルーツ(干しあんず)を食べる場合は鉄分・食物繊維・カリウムの補給源としても役立ちます。貧血や冷え性、便秘やむくみ、アンチエイジングなど女性に

洋梨/ラ・フランスイメージ

【西洋梨】洋ナシ/ラ・フランスの栄養・効果

和梨とは異なりねっとりとした食感と甘味が特徴的な西洋梨。特徴としては水溶性食物繊維の含有量が高いこと、カロリーが100gあたり54kcalと高めなことが挙げられます。ビタミン補給源としてはあまり期待できませんが、ラ・フランスにはアルブチンが豊富なことに加えポリフェノール類も多く含まれており抗酸化作用による老化

デーツ/ナツメヤシイメージ

【棗椰子】ナツメヤシ/デーツの栄養・効果

デーツは強い甘みを持つナツメヤシの果実で、マクロビオティックやローフードなどでお砂糖代わりに利用されている存在。近年はダイエット中でも甘いモノを食べたい女性にも支持されています。鉄分や葉酸が豊富なため貧血気味の方や妊娠中の方のおやつにも適していますし、カリウムや食物繊維が豊富なためむくみ・便秘対策にも役立って

ライチ(レイシ)イメージ

【茘枝】ライチの栄養・効果

楊貴妃が愛した果物としてもよく知られているライチは独特の風味があるトロピカルフルーツです。中医学でも古くから疲労回復・強壮・養血などに有効とされ、成分的に見ても貧血予防や冷え性改善などに効果が期待出来ます。葉酸の含有量が多いので妊娠中の方にも適していますし、ビタミンCやロイコシアニジンなど抗酸化成分も豊富