「 スパイス・香味野菜 」 一覧

ルッコラ(ロケットサラダ/アルグラ)イメージ

ルッコラ/ロケットサラダの栄養成分や効果効能|実はスーパーフード?! 健康・美容サポートに…

ゴマのような香りとピリッと舌を刺激する苦みが特徴的なルッコラ。スーパーフードの一つに数えられることもある食材で、β-カロテンやアリルイソチオシアネートが豊富なため抗酸化や風邪予防効果が期待されています。またミネラル補給から骨粗鬆症や貧血予防に、ビタミンCやβ-カロテンの多さから美肌・美白効果が、イソチオシアネートによるデトックス効果や燃焼効果も期待できることからダイエットサポートになど

ワサビ(山葵)イメージ

本山葵/ワサビ栄養成分や効果効能|アリルイソチオシアネートの働きや推奨摂取量は?

ツーンとした独特の刺激が特徴的な日本の香辛料、ワサビ。少量使う薬味なので栄養補給源としては期待できませんが、グルコシノレート(からし油配糖体)・アリルイソチオシアネート類を含むため様々な健康メリットが期待されています。消化促進や食中毒予防の他、近年は抗酸化作用や肝臓機能向上によるデトックス効果なども報告されています。またタマネギと同等の血流改善効果がある・赤ワイン以上の抗酸化力持つとも

バジル/バジリコイメージ

【Basil】バジル/バジリコの栄養・効果

イタリアンには欠かせない存在として日本でもよく知られているバジル。フレッシュハーブはホウレンソウよりも多くのβ-カロテンを筆頭に、ビタミンの豊富な優れた緑黄色野菜としてサラダなどで食べることも出来ます。芳香成分にはリラックス効果や女性ホルモンバランス調整などにも効果が期待されていますし、便秘やむくみ・冷え性など

山椒(サンショウ)イメージ

【山椒】サンショウの成分・効果

山椒はサンショオールやサンショアミドなどの辛味成分や芳香成分の働きによって、食欲増進・消化促進に役立つとされ、漢方でも芳香性苦味健胃薬として利用されています。血行促進や新陳代謝向上効果も期待できるため冷え性や冷えによる消化器系の不調緩和、肥満予防などにも効果が期待されています。脳を刺激し覚醒させて集中力アップ

ミョウガイメージ

【花茗荷】ミョウガの成分・効果

夏の爽やかな薬味として利用されることの多いミョウガ(茗荷)。栄養価自体はさほと高くありませんが、α-ピネンやミョウガジアールなどの働きで少量でも健康維持に役立つと考えられます。血行促進作用が期待されるため冷え性の緩和に役立つほか、夏バテ・食欲不振対策、風邪予防、女性ホルモのバランス調整、集中力アップなどにも効果

パセリイメージ

【和蘭芹】パセリの栄養・効果

栄養価の高さから近年「野菜」として注目されているパセリ。クロロフィル(葉緑素)、β-カロテン、ビタミンC、ビタミンE、ポリフェノール類を豊富に含むことから高い抗酸化作用があると考えられていますし、疲れ面のケアや美肌効果も期待できます。そのほか貧血予防・胃腸機能向上・口臭予防・精神安定やストレスケア・冷え性の緩和

紫蘇(シソ)/大葉イメージ

【紫蘇/大葉】葉シソの栄養・効果

近年シソは花粉症やアトピー性皮膚炎などのアレルギー症状緩和、アンチエイジング、ダイエット、美肌など様々な面で注目を集めています。ポリフェノール(ロズマリン酸、ルテオリン、アントシアニン系色素シソニンなど)やn-3系脂肪酸の「α-リノレン酸」、香り成分などの働きから現代人が抱える不調の緩和・改善に役立つのでは

コショウイメージ

【胡椒】コショウの成分・効果

コショウの辛味成分ピペリンは防虫作用、抗菌作用、防腐作用の他、抗酸化作用と血行促進作用があることで注目されています。血流促進による冷え性の改善だけでなく、冷えから起こる腹痛・消化不良・下痢・便秘など「お腹の不調」の改善に有効で、他の栄養素の吸収促進や代謝アップなどの効果も期待できます。鉄分も豊富で美肌作りにも