SlowBeauty

命を頂くことに感謝して、栄養満点のご飯を食べよう

「 スパイス・香味野菜 」 一覧

バジル/バジリコイメージ

【Basil】バジル/バジリコの栄養・効果

イタリアンには欠かせない存在として日本でもよく知られているバジル。フレッシュハーブはホウレンソウよりも多くのβ-カロテンを筆頭に、ビタミンの豊富な優れた緑黄色野菜としてサラダなどで食べることも出来ます。芳香成分にはリラックス効果や女性ホルモンバランス調整などにも効果が期待されていますし、便秘やむくみ・冷え性など

山椒(サンショウ)イメージ

【山椒】サンショウの成分・効果

山椒はサンショオールやサンショアミドなどの辛味成分や芳香成分の働きによって、食欲増進・消化促進に役立つとされ、漢方でも芳香性苦味健胃薬として利用されています。血行促進や新陳代謝向上効果も期待できるため冷え性や冷えによる消化器系の不調緩和、肥満予防などにも効果が期待されています。脳を刺激し覚醒させて集中力アップ

ミョウガイメージ

【花茗荷】ミョウガの成分・効果

夏の爽やかな薬味として利用されることの多いミョウガ(茗荷)。栄養価自体はさほと高くありませんが、α-ピネンやミョウガジアールなどの働きで少量でも健康維持に役立つと考えられます。血行促進作用が期待されるため冷え性の緩和に役立つほか、夏バテ・食欲不振対策、風邪予防、女性ホルモのバランス調整、集中力アップなどにも効果

パセリイメージ

【和蘭芹】パセリの栄養・効果

栄養価の高さから近年「野菜」として注目されているパセリ。クロロフィル(葉緑素)、β-カロテン、ビタミンC、ビタミンE、ポリフェノール類を豊富に含むことから高い抗酸化作用があると考えられていますし、疲れ面のケアや美肌効果も期待できます。そのほか貧血予防・胃腸機能向上・口臭予防・精神安定やストレスケア・冷え性の緩和

紫蘇(シソ)/大葉イメージ

【紫蘇】葉シソ(大葉)の栄養・効果

近年シソは花粉症やアトピー性皮膚炎などのアレルギー症状緩和、アンチエイジング、ダイエット、美肌など様々な面で注目を集めています。ポリフェノール(ロズマリン酸、ルテオリン、アントシアニン系色素シソニンなど)やn-3系脂肪酸の「α-リノレン酸」、香り成分などの働きから現代人が抱える不調の緩和・改善に役立つのでは

コショウイメージ

【胡椒】コショウの成分・効果

コショウの辛味成分ピペリンは防虫作用、抗菌作用、防腐作用の他、抗酸化作用と血行促進作用があることで注目されています。血流促進による冷え性の改善だけでなく、冷えから起こる腹痛・消化不良・下痢・便秘など「お腹の不調」の改善に有効で、他の栄養素の吸収促進や代謝アップなどの効果も期待できます。鉄分も豊富で美肌作りにも

ニンニク(大蒜)イメージ

【大蒜】ニンニクの栄養・効果

ニンニクに含まれるアリシンなどの硫化アリル類やスコルジニンなどの硫黄化合物はビタミンB1をサポートして代謝を向上させることから疲労回復・体力増強から代謝アップや精神安定まで様々な効果を持ち、血流を促進することで冷え性解消にも有効。抗酸化物質を数多く含み、アンチエイジング(老化予防)や生活習慣病予防にも効果が期待

スターアニス(八角)イメージ

【八角/大茴香】スターアニスの成分・効果

八角はスターアニスや大茴香とも呼ばれ、中華料理によく利用されるスパイス。あまり馴染みはありませんが、精神の安定や冷え性の改善、便秘・むくみの解消、胃腸の状態を整えるなど女性に嬉しい効果が期待出来ます。そのほかスターアニス精油(大茴香油)はアネトール含有が高いことからエストロゲン様作用があり女性ホルモンの乱れにも