本山葵/ワサビ栄養成分や効果効能
|アリルイソチオシアネートの働きや推奨摂取量は?

ワサビ(山葵)イメージ

ワサビ(本山葵)とは

ツーンとした独特の刺激が特徴的な日本独特の香辛山菜、ワサビ。山椒茗荷紫蘇などと共に“和のスパイス(薬味)”の代表格にも数えられ、また日本の香辛料の中では最も刺激的であるとも言われています。鼻にツンと抜ける刺激がから好き嫌いが分かれるところではあり、特にお子さんには嫌がられる傾向もあるため回転寿などでは“わさび抜き”が標準とされている店舗もありますが、1000年以上も愛されてきた日本の味覚の一つと言えるでしょう。

植物としてはアブラナ科ワサビ属に分類される多年草で、学名はEutrema japonicum。英語でも日本語そのままの“Wasabi”かJapanese horseradishと呼ばれています。ワサビを使うのは日本の他、台湾と中国の一部地域だけなのだとか。と言っても近年はパスタや肉料理などの洋風レシピにも活用されていますし、わさびマヨネーズや“わさレモン(レモン汁でワサビを溶いたもの)”などは万能調味料感覚でも用いられています。和食ブームの影響もあり本格的なフレンチレストランなどでもソースの材料として取り入れられたり、有名ショコラティエがチョコレートと組み合わせたことも話題になりましたね。

薬味として使われるポピュラーなワサビの部位は地下茎で、お刺身や寿司はもとより蕎麦・白焼き・お茶漬け・わさび漬けなど様々な料理に利用されています。若い葉を収穫した“葉わさび”もお浸しや醤油漬けなどにして食べられていますし、成分を抽出することでお菓子のフレーバーなどにも活用されています。そのほか菜の花のように蕾の状態である若い花茎を収穫した“花わさび”も醤油漬け・天ぷらなどにして食べられており、春を感じる食材の一つとしても愛されています。ちなみに「わさび菜」と呼ばれているものはアブラナ属カラシナ種なので別物。

また英名でも使われているhorseradish(ホースラディッシュ)と言うのは日本で山わさびや根ワサビとも呼ばれている「西洋山葵」という植物のこと。ローストビーフの付け合わせとして用いられている、あまりツンとしないワサビがこちらですね。西洋だけではなく日本でも北海道を中心に野生化していることからエゾワサビ・アイヌワサビなどと呼ばれることもあります。西洋ワサビはアブラナ科セイヨウワサビ属と同科別属に分類される別物ですが、どちらも“ワサビ”で紛らわしいことからEutrema japonicumの方を「本わさび」と呼んで区分することもあります。

市販されている粉ワサビは西洋ワサビの粉末で、チューブに入って売られている練りワサビは本ワサビと西洋ワサビがブレンドされているものが大半。わさび協会では統一基準として本わさびの使用量が50%未満であれば「本わさび入り」、50%以上の場合は「本わさび使用」と表記を分けるよう定めているそうですよ。

ワサビ(本山葵)に含まれる栄養や成分に期待できる働き・巷で言われる効果効能の理由とは?

ワサビは100gあたりの栄養価で見るとビタミンCやカリウムなどが多く含まれており、栄養豊富とも言える食材。ただし薬味として少量使うのが一般的で食べすぎは下痢などの原因ともなりますから、栄養補給源とは考えないほうが良いでしょう。期待される健康メリットもグルコシノレート(からし油配糖体)などの働きが主となっています。ちなみに100gあたりのカロリーは88kcalのカロリー。

Sponsored Link

ワサビはこんな方にオススメ

  • 食中毒予防に
  • 食欲が無い・消化が悪い時に
  • 胃の健康サポートとして
  • 抗酸化力を高めたい方
  • 若々しさのサポートに
  • デトックスを心がけている方
  • ダイエットのサポートに
  • 冷え性の方・むくみ対策に
  • 肌のアンチエイジングに
  • シミ・肌荒れ予防に

下記ではこうしたお悩みにワサビが良いとされる理由や、イソチオシアネート類についてなどをご紹介します。栄養成分含有量は『日本食品標準成分表』に“わさび/根茎、生 Wasabia Japonica [Syn. Eutrema wasabi]”として記載されているもの、またその他の成分につきましても本ワサビについての情報を元に作成しております。チューブ入りワサビについては次ページ記載の「チューブわさびについて」を御覧ください。

抗菌・防虫(食中毒予防)

江戸時代に寿司と組み合わせて扱われた理由としても挙げられることがある通り、ワサビには抗菌作用があると考えられています。この殺菌作用はワサビに含まれているグルコシノレート(からし油配糖体)の一種であるシニグリンという成分が、ミロシナーゼという酸素に触れることで生成されるアリルイソチオシアネートの働きであることが分かっています。アリルイソチオシアネートは大腸菌・サルモネラ菌・O-157・腸炎ビブリオ・黄色ブドウ球菌など多くの食中毒の原因となる菌の増殖を抑制する働きが報告されており、お弁当に入れる抗菌・防腐シートなどにも活用されています。

加えてアリルイソチオシアネートは魚類に寄生しているアニサキスなどの寄生虫を殺す働きもあると考えられていますし、魚の鮮度が落ちると増加して魚の生臭さの原因に数えられるトリメチルアミン量を抑える働きがあるという報告もなされています。この働きからワサビは食あたり予防にも有効な薬味として、刺し身をよく食べる日本で愛されてきたと言われています。近年は輸送・冷蔵技術なども発達していますが、特に釣りをする方などは生で魚介類を食べる時にはワサビを組み合わせるようにすると良いかもしれません。

食欲増進・消化促進

薬味やハーブ・スパイスと呼ばれる食材の多くと同じく、ワサビも食欲を高めたり消化を促すなど胃腸を機能サポートする働きがある言われています。独特のツーンと鼻にくる“アリルからし油”による刺激ある香りから唾液・消化液の分泌を促す働きが、またシニグリンによる辛味も胃への刺激剤となり食欲アップや消化促進をサポートしてくれると考えられています。そのほかワサビにはβ-アミラーゼというデンプンを含む多糖類を加水分解する酵素が含まれていることも、消化吸収を助けているのではないかと言われています。

先にご紹介したようにワサビには高い抗菌作用も期待できますから、ピロリ菌の活動を弱めることで胃潰瘍や胃癌の予防にも繋がると考えられています。静岡県立大学食品栄養科学部によるピロリ菌感染マウスにワサビ抽出物を10日間経口投与した実験では、胃細胞の酸化ストレスを有意に抑制したという報告もなされています。こうしたことからワサビは胃の健康維持・病気予防にも効果が期待されています。ただし刺激物であり食べ過ぎるとお腹を壊してしまう場合も有りますので胃腸関係の持病がある方は控え、適量の摂取を心がけましょう。

Sponsored Link

抗酸化・血栓予防

金印わさび機能性研究所の実験ではワサビのアリルからし油(アリルイソチオシアネート)に含まれているスルフィニルという成分に、抗酸化作用があることが掲載されています。スルフィニルは人間の細胞に備わっている抗酸化物質を活性化させる働きがあるのではないかとも言われており、活性酸素の発生そのものを抑制することから赤ワインなどに含まれているポリフェノールよりも高い抗酸化作用が期待できるという説もあるそう。

余談ですがこの「スルフィニル」もしくは「ワサビスルフィニル」というのは金印さんの登録商標で、正式な成分名としては「6-メチルスルフィニルヘキシルイソチオシアネート(6-MSITC)」という成分です。また実際の使用量が少ないため純粋に同グラム比較はできませんが、ワサビは生100gあたり75mgと非常に多くのビタミンCを含む食材でもあります。こうしたことからワサビは抗酸化物質分泌活性化・若干ではあるものの抗酸化物質の補給にも繋がることから、アンチエイジングやエイジングケアにも役立つと考えられています。

加えてワサビには血小板の凝集活性を阻害するという報告もなされており、イソチオシアネート類には血小板の凝集に関与するたんぱく質の働きを低下させる作用があるのではないかと考えられています。このためワサビは血液サラサラ食材としても注目されている存在で、抗酸化作用と合わせて血栓や動脈硬化などの血流トラブルの予防にも効果が期待されています。酒粕と合わせて漬けた“山葵漬け”は酒粕に含まれている酵素との相乗効果も期待されており、高血圧や糖尿病など生活習慣病全体の予防に役立つのではないかとする見解もありますよ。

デトックスサポート・肥満予防

ワサビに含まれている6-メチルスルフィニルヘキシルイソチオシアネート(6-MSITC)には抗酸化・血液凝固抑制の他、肝臓の解毒代謝酵素の働きを良くする作用が見られたという報告もなされています。肝臓は血液中の毒素(有害物質や老廃物)を濾過し、体内の毒素分解や排出を担っている器官。6-メチルスルフィニルヘキシルイソチオシアネートは肝臓の解毒代謝酵素のグルタチオン-S-トランスフェラーゼ(GST)の活性を高めることで、体の持つデトックス機能向上効果が期待できます。名古屋大学と金印わさび機能性研究所による解毒酵素(GST)活性誘導作用の共同研究によるとワサビは大根やクレソンよりもこの働きが強いとされています。

加えて6-メチルスルフィニルヘキシルイソチオシアネートによる抗酸化作用・解毒機能が高まることから、代謝向上にも繋がる可能性も期待されています。消化液の分泌を促す働きから胃腸機能が活発になり脂肪蓄積されにくくなる・殺菌作用と合わせて腸内の悪玉菌減少に一役買ってくれるという説もあるそう。ワサビには食欲増進作用もありますし、消化促進が肥満予防に繋がるかは微妙なところですが、代謝向上に繋がる可能性は高いと考えられますからダイエットのサポート役として取り入れてみても良いでしょう。

冷え性・むくみ軽減

ワサビに含まれているアリルイソチオシアネート類の6-メチルスルフィニルヘキシルイソチオシアネート(6-MSITC)は血液サラサラ効果が期待されている成分であり、また抗酸化をサポートしてくれることから血液循環を良くすることにも繋がると考えられています。スルフィニル(6-メチルスルフィニルヘキシルイソチオシアネート)はタマネギと同等の血流改善効果があるという説もあるほど。解毒機能向上(デトックス)からも代謝向上や血流改善をサポートしてくれるため、冷え性軽減や血行不良による肩こり・腰痛などの軽減にも効果が期待されています。

血液循環が良くなることに加え、実際にそれほどの量を食べるものではありませんが100gあたりの含有量で見るとカリウムが多く含まれていることからむくみ対策としても注目されています。ワサビを加えることで塩・醤油などの調味料の利用を少なくすることが出来る=塩分のとり過ぎによるむくみを予防するという側面もありますね。東洋医学・薬膳の考え方でもワサビは体を温める性質がある“温性”に分類されており、冷え性の方や水毒(水分代謝が悪い状態)に適した薬味とされているそうです。

次ページでは美肌などそのほかワサビに期待されている働きや、チューブわさびの成分について・ワサビの選び方や効果的なすりおろし方なども紹介します。

Sponsored Link

PAGE 1 PAGE 2

スパイス・香味野菜 食材の種類別に探す

 - , , ,

オススメ記事

by SlowBeauty