SlowBeauty

命を頂くことに感謝して、栄養満点のご飯を食べよう

「 ナッツ・シード類 」 一覧

スイカの種(西瓜子仁)イメージ

【西瓜子仁】スイカの種の栄養・効果

生ごみ扱いされることが多く、「食べると盲腸・虫垂炎になる」とも言われてきたスイカの種。しかし中国などではスナック感覚・月餅の餡など食材として活用されており、栄養価が高いことから日本でも注目され始めています。ビタミン・ミネラルを豊富に含み、便秘や貧血の緩和、抗ストレス、肥満予防など様々な

ひまわりの種/サンフラワーシードイメージ

【向日葵子】ひまわりの種/サンフラワーシードの栄養・効果

欧米ではスナック感覚で食されているヒマワリの種(サンフラワーシード)。高脂質でビタミン・ミネラルを豊富に含み栄養価が高いこと、抗肥満作用が期待されるトリナンを含むことから健康維持やスタイルキープに役立つ食材としても注目されています。リグナンを含まないので妊娠中

かぼちゃの種/パンプキンシードイメージ

【南瓜仁】かぼちゃの種/パンプキンシードの栄養・効果

カボチャの種(パンプキンシード)はドイツで排尿トラブルに良いハーブとして認められているほか、各国で栄養豊富な食材として親しまれています。マグネシウム・鉄分・亜鉛などのミネラルが豊富で疲労回復や貧血・むくみ緩和に、セトロニンの原料となるトリプトファンも豊富なため

ペカン/ピーカンナッツイメージ

【Pecan nuts】ペカンナッツ/ピーカンナッツの栄養・効果

ピーカンナッツ(ペカンナッツ)は高脂質で不飽和脂肪酸の割合が高く、オレイン酸などの体に良い油が摂取出来ること・低糖質なことから生活習慣病予防やダイエット面で注目されています。またビタミンE(ガンマトコフェロール)や鉄分・亜鉛・食物繊維を含むことから貧血や便秘などの改善にも役立ちますし、アンチエイジングにも

タイガーナッツイメージ

【Tiger Nuts】タイガーナッツ栄養・効果

NYでアサイー、チアシードに次ぐスーパーフードとして注目されているタイガーナッツは、ナッツと呼ばれていますがカヤツリグサ科の植物の塊茎で厳密には野菜に分類されます。グルテンフリーであることから小麦粉代わりの利用なども行われています。脂質の7割がオレイン酸、炭水化物の大半が難消化性デンプンのため太りにくいと

ピスタチオイメージ

【Pistachio】ピスタチオの栄養・効果

独特の風味を持つ緑色の実が特徴のピスタチオはナッツの女王とも呼ばれ、栄養価が高いことから疲労回復・エネルギー補給食品としても利用されています。ビタミンB群やミネラルなども含み、貧血予防・便秘・むくみなどにも用いられるほか、ルテインやゼアキサンチンなどによる眼精疲労改善や老化防止(抗酸化)などの働きも期待できます

クルミ(胡桃)イメージ

【胡桃】クルミの栄養・効果

世界中で親しまれ、生薬「胡桃仁」としても使われているクルミ。脂質が高く糖質が非常に少ないためダイエットや糖尿病治療食に役立つ他、クルミはナッツ類で唯一オメガ3系脂肪酸(α-リノレン酸)を含むことから生活習慣病や認知症予防などにも効果が期待出来ます。ポリフェノールなどの抗酸化物質の含有量も高くアンチエイジング食材と

マカダミアナッツイメージ

【macadamia nut】マカダミアナッツの栄養・効果

オーストラリア原産のマカダミアナッツはオレイン酸やパルミトレイン酸など「身体に良い油」と呼ばれる一価不飽和脂肪酸が豊富なことが特徴。老化防止や血液サラサラ効果による血行促進・代謝アップなど美容に嬉しい食べ物として注目されています。マカダミアナッツオイルは植物性オイルで唯一、十分なパルミトレイン酸を含む食材とも