SlowBeauty

命を頂くことに感謝して、栄養満点のご飯を食べよう

「 ナッツ・シード類 」 一覧

ヘーゼルナッツイメージ

【Hazelnuts】ヘーゼルナッツの栄養・効果

産地であるトルコでは一日一掴み食べることが健康の秘訣とも言われているヘーゼルナッツ。脂質が多くカロリーも高めですが、オレイン酸・パルミトレイン酸など良質な脂質が多いこと、ビタミンB群をバランスよく含むことから適量であれば健康維持や肥満予防にも役立つと考えられています。またビタミンEが多いため抗酸化や性ホルモン

カシューナッツイメージ

【Cashew nuts】カシューナッツの栄養・効果

ナッツ類の中では低脂質・低カロリーな部類のカシューナッツ。高タンパクかつビタミンB1が多いことから疲労回復に役立つと考えられますし、便秘予防や冷え性軽減・ダイエットサポートにも取り入れられています。抗酸化作用も期待できるためアンチエイジングを心がけている方・肌をキレイに保ちたい方にも良いでしょう。薄毛予防にも

ギンナン(銀杏)イメージ

【銀杏】ギンナンの栄養・効果

秋の風物詩でもあり、もちもちした食感とほろ苦くも甘みのある味が特徴的な銀杏。三大栄養素・ビタミン・ミネラルを広く含むため疲労回復や強壮のほか風邪予防や高血圧・むくみ予防などに役立つと考えられています。しかし食べ過ぎはギンナン中毒を起こす可能性があるので一日7粒程度・多くても10粒程度以内の摂取にすると良い

栗(クリ)イメージ

【栗】クリの栄養・効果

秋の味覚としてもお馴染みの栗は木の実類には珍しく脂質が少なく炭水化物量の多い食材です。糖代謝をサポートしてくれるビタミンB1の含有量も多く、他ビタミン・ミネラル類もバランスよく含んでいることから栄養補給源としても役立ってくれるでしょう。ビタミンC含有量が多いことから抗酸化作用によるアンチエイジングや美白などにも

スイカの種(西瓜子仁)イメージ

【西瓜子仁】スイカの種の栄養・効果

生ごみ扱いされることが多く、「食べると盲腸・虫垂炎になる」とも言われてきたスイカの種。しかし中国などではスナック感覚・月餅の餡など食材として活用されており、栄養価が高いことから日本でも注目され始めています。ビタミン・ミネラルを豊富に含み、便秘や貧血の緩和、抗ストレス、肥満予防など様々な

ひまわりの種/サンフラワーシードイメージ

【向日葵子】ひまわりの種/サンフラワーシードの栄養・効果

欧米ではスナック感覚で食されているヒマワリの種(サンフラワーシード)。高脂質でビタミン・ミネラルを豊富に含み栄養価が高いこと、抗肥満作用が期待されるトリナンを含むことから健康維持やスタイルキープに役立つ食材としても注目されています。リグナンを含まないので妊娠中

かぼちゃの種/パンプキンシードイメージ

【南瓜仁】かぼちゃの種/パンプキンシードの栄養・効果

カボチャの種(パンプキンシード)はドイツで排尿トラブルに良いハーブとして認められているほか、各国で栄養豊富な食材として親しまれています。マグネシウム・鉄分・亜鉛などのミネラルが豊富で疲労回復や貧血・むくみ緩和に、セトロニンの原料となるトリプトファンも豊富なため

ペカン/ピーカンナッツイメージ

【Pecan nuts】ペカンナッツ/ピーカンナッツの栄養・効果

ピーカンナッツ(ペカンナッツ)は高脂質で不飽和脂肪酸の割合が高く、オレイン酸などの体に良い油が摂取出来ること・低糖質なことから生活習慣病予防やダイエット面で注目されています。またビタミンE(ガンマトコフェロール)や鉄分・亜鉛・食物繊維を含むことから貧血や便秘などの改善にも役立ちますし、アンチエイジングにも