SlowBeauty

命を頂くことに感謝して、栄養満点のご飯を食べよう

【銀杏】ギンナンの栄養・効果

ギンナン(銀杏)イメージ

銀杏(ぎんなん)とは

ギンナン(銀杏)は同じ漢字が使われているとおり“イチョウ(銀杏)”の木の種子で、食用となる部分は仁(胚乳種)と呼ばれます。多くの人がイメージしやすいのは「茶碗蒸し」もしくは「炊き込みご飯」に入っている黄色っぽい実かと思いますが、採れたて・殻を割った直後であれは鮮やかな半透明の翡翠色をしています。旬は10~11月頃で、通年手に入るようになっていますが、秋を感じさせる季節感のある食材でもありますね。

ギンナンはもちもちした独特の食感と、ほろ苦くてちょっぴり甘い味が特徴的。癖がありますので好き嫌いは分かれますが「炒り銀杏を食べるのが秋の楽しみ」という方も少なくありません。また銀杏拾いをしたことがある方やイチョウの木が近くにあった方は御存知の通り、腐敗臭のような独特の異臭を放つことでも知られています。この香りは食用部位(仁)ではなく種子を覆う果肉状の部分から発せられているので実際食べる場合はあまり関係ありませんが、臭いだけではなく強アルカリ性でかぶれなどの皮膚炎を引き起こす原因物質でもありますので拾う場合は注意が必要です。

ちなみにギンナンがなるイチョウの木は日本・中国・台湾など東アジアの一部にしか生育しておらず、当然ギンナンを食用とする地域も限られています。イチョウは1科1属1種の樹木ですから全国で銀杏を拾う方がいらっしゃる通りどの実でも食べられますが、食用に適した品種というものがあります。8月末頃から出荷される早生品種では喜平や金兵衛、中生では久寿や栄神、晩生品種では藤九郎などが代表的です。

ギンナンはそのまま食べる以外に和食では季節感や彩りとして添えられることが多いですが、基本的には枝豆などと同じような感覚で炒め物、かき揚げやつくね・がんもどきの具、パンに練り込むなど様々な料理に利用できます。アヒージョ・パエリア・グラタンなど洋食に取り入れる方も多いですし、どちらかと言えば濃い目の味付けのほうが苦手な方でも食べやすいでしょう。大量に食べると中毒症状を起こす場合もあるので注意が必要ですが、滋養強壮に良いとも言われている食材ですから旬の時期には是非取り入れてみて下さい。

銀杏の歴史

イチョウは中生代から新生代にかけて世界的に繁殖していた古い植物の一つであり、生きた化石とも呼ばれています。古くはヨーロッパなどでもイチョウ綱の植物が自生していたと考えられますが既に絶滅してしまい、私達の見慣れているイチョウが唯一現存する種となっています。イチョウの原産地はハッキリ分かっていませんが、11世紀に現在の中国安徽省宣城市付近に自生していたものを開封に移植し、そこから人工的に広められていったのではないかと言われています。

中国では14世紀ころにはギンナンが食用として広く食べられるようになり、また15世紀事には薬効や毒性があることも知られていたと考えられています。文章としては『紹興本草』や『日用本草』に記述が見られるそう。また日本でも使われていた『本草綱目』では銀杏、白果、鴨脚子として紹介されており、咳・喘・痰・帯下(おりもの)などに良いと記されています。

日本へイチョウが伝わった時期もハッキリしていませんが、鎌倉~室町時代に禅宗とともに薬として伝わったのではないかと言われています。確実性が高いものの中で最も古い記録は室町時代後期の『新撰類聚往来』であることから、15世紀末頃ではないかとの見解も多いそう。18世紀になるとドイツ人医師エンゲルベルト・ケンペルが『廻国奇観』でイチョウを紹介し、十数年後には長崎から種子が持ち帰られヨーロッパの栽培が行われます。18世紀末にはヨーロッパ各地でイチョウが育てられるようになり、アメリカ大陸にも伝えられていきます。

古く日本では食用(ギンナン)としてよりも防火樹や防風樹として植えられたり、まな板や将棋盤に使う木材として育てられていたようです。ギンナンは食べはしても現在のような季節感を味わう食材としてではなく、飢饉のための備蓄食糧という位置づけであったのだとか。ギンナンを摂るための本格的な栽培が行われるようになったのは、明治後期くらいからではないかと言われています。

銀杏はこんな方にオススメ

  • エネルギー補給に
  • 疲労・疲労感の軽減に
  • ストレスが多いと感じる
  • 風邪・免疫力低下予防に
  • 貧血予防として
  • 血行が悪いと感じる方
  • むくみやすい方
  • 血圧が気になる方
  • 老化・肌老化予防
  • ニキビ・乾燥肌の軽減に

銀杏(ぎんなん)の主な栄養・期待される効果

ギンナンは炭水化物がやや多いもののの、三大栄養素・ビタミン・ミネラルを広く含む食材です。ギンナン中毒を起こす可能性があるので一日7粒程度、多くても10粒程度の摂取に留めましょう。100gあたりの栄養価としてはかなり高いものもありますが、10粒=約30g程度と考えるとメインの補給源としてはさほど期待しない方が確実です。

エネルギー補給・疲労回復

ギンナンは全体重量の4割近くが炭水化物であり、タンパク質や脂質も比較的バランス良く含んでいます。加えてビタミン類やミネラル類も幅広く含み、特に糖代謝に関わるビタミンB1の含有も多めなのでエネルギー源として優れていると言えます。大量に食べるものではありませんし栄養源として完璧とは言い難いですが、栄養バランスの偏りが気になる時や食欲が無いときなどに役立ってくれるでしょう。漢方では滋養強壮に良い食材とも言われているそうです。

ビタミンB1は炭水化物を体を動かすエネルギーへと変換する際に必要な補酵素(チアミンピロリン酸)の原料となります。これは摂取した栄養(炭水化物)をエネルギーとして行き渡らせて身体が活動できるようにサポートしてくれるだけではなく、疲労や筋肉痛の原因になると考えられる乳酸の元となる物質(焦性ブドウ糖)の蓄積抑制・乳酸の代謝を高めることにも繋がります。このためエネルギー補給としてだけではなく、ギンナンは疲労や疲労感・筋肉痛などの軽減にも役立つと考えられます。

Sponsored Link

ストレス軽減・風邪予防

ギンナンは「抗ストレスホルモン」とも呼ばれている副腎皮質ホルモンの合成・分泌に関係するビタミンである、ビタミンCとパントテン酸が含まれています。このためストレス耐性を高める働きが期待できるほか、ビタミンB1が糖からのエネルギー生成を促すことで脳機能を高める働きも期待できます。ストレスが多いと感じている方や、最近イライラしやすいと感じている方にも適しているでしょう。

またパントテン酸はホルモンや免疫抗体の合成にも関わっていることが認められていますし、ビタミンCも白血球の働きを活発化したり、抗ウイルス作用を持つインターフェロンの分泌促進作用があるとされています。このことからギンナンの摂取は体のバランスを整えたり、免疫力を高ることで風邪など予防にも役立つと考えられます。もちろん数粒食べる程度で必要な分を全て補えるというものではありませんが、料理に加えたりおやつ代わりに食べれば不足を緩和してくれるでしょう。

貧血・血行不良予防

ギンナンは鉄分や亜鉛・葉酸など造血に関わる栄養素と、植物性鉄分の吸収を助けてくれるビタミンCをバランス良く含んでいます。実際に食べる量において摂取できる量はどれも多くはありませんが、不足分のフォローとしては役立ってくれるでしょう。加えて血行促進作用が期待できるビタミンEやナイアシンなどのビタミン類、正常な体液循環をサポートしてくれるマグネシウムも含まれていることから、血行不良や冷え性の方にも適していると言われています、

むくみ・高血圧予防

100gあたりの含有量で見た場合、ギンナンは700mgとカリウムを非常に多く含んでいます。実際に大量に食べるものではありませんが上限量と言われている10粒(30gとして計算)を食べた場合でも摂取できるカリウム量は210mgとなり、キュウリトマト100gと同等量ですから十分に補給源として役立ってくれるでしょう。

カリウムはナトリウムと共に浸透圧を維持しているミネラルで、濃い味付けの食事などによって過剰に摂取したナトリウムの排出を促す働きも持っています。ナトリウム摂取量が増えると、身体は血中ナトリウム濃度を保つため血液に水分を取り込む=簡単に言うと水で薄めようとする性質があります。高血圧の方が塩分を控えるよう勧められるのも、身体が水分を多く取り込むことで血液量が増え、心臓に負担がかかることで血圧が高くなるためです。このためカリウムの摂取によりナトリウム濃度を適切に保つことは、高血圧予防に有効とされています。

またカリウムは体内の過剰なナトリウムの排泄を促すことで、血中ナトリウム濃度を調整するために保持されていた“水分”の排出を促す働きもあります。このことからカリウムはむくみ改善に役立つと考えられています。むくみが起こる原因はナトリウムの摂取過多だけではありませんが、ギンナンにはビタミンEなど血行を促してくれる成分も含まれていますので、むくみ予防にも役立つと考えられます。

老化予防・美肌作り

炭水化物がやや多いものの三大栄養素(糖質・脂質・タンパク質)を比較的バランス良く含み、ビタミンCやビタミンE・β-カロテンなどの抗酸化物質を含むことから、ギンナンは肌のサポートとしても役立つ食材であると考えられます。抗酸化ビタミンは活性酸素を抑えることでシミやシワなどの肌老化予防に役立ってくれるでしょう。ビタミンEは血行を良くすることで肌のくすみ改善やターンオーバー促進に、β-カロテンはビタミンAに変換されることでターンオーバー促進や皮膚粘膜の保護にも役立ちます。

ビタミンCも抗酸化作用だけではなくコラーゲン生成の促進・メラニン色素を合成するチロシナーゼ酵素の活性阻害作用による美白(色素沈着予防)効果など、より直接的な肌に対しての働きも認められています。パントテン酸もビタミンCの働きを助けることでコラーゲン生成を促す働きがありますし、皮脂分泌を抑制することでニキビ予防にも役立つと考えられています。これらのことからギンナンはニキビや乾燥肌・肌老化を予防し、美肌のサポートとしても期待されています。

銀杏(ぎんなん)の選び方・食べ方・注意点

ギンナンは食べ過ぎると「銀杏中毒」と呼ばれる症状を起こすことが知られています。これは4-O-メチルピリドキシン (4-O-methylpyridoxine, MPN)というビタミンB6の働きを阻害する成分が含まれているためで、症状としてはビタミンB6欠乏による腹痛・下痢・呼吸困難・痙攣などが挙げられています。大人の場合は解毒酵素を持っているので一日10粒程度であれば中毒症状を起こすことは少ないと言われていますが、人によってはそれ以下でも銀杏中毒になる可能性もありますので体調に注意しながら食べるようにしましょう。また5歳以下の小さいお子さんであれば2粒以下に留め、注意して様子を見てあげるようにしましょう。

ギンナンは鮮度が下がると殻が黒ずんでくるため、殻が白くてキレイなものを選ぶと良いとされています。持った時にはズッシリ感があるものを選び、カラカラと仁の部分が動いているような音がするものは避けましょう。殻付きのままであれば日持ちがよく、新聞紙に包んで冷暗所もしくは冷蔵庫に入れておけば1~2ヶ月程度持ちます。真空パックにしたり炒ったものであれば1年くらいは大丈夫なよう。
簡単な食べ方としては、殻付きのギンナンを封筒に入れてレンジするという方法をとる方が多ようです。ギンナンを入れすぎたり封が甘いと、レンジの中で封筒を破って爆発してしまう可能性もあるので注意して下さい。

効果アップが期待出来る銀杏の食べ合わせ

  • 銀杏+ゴマ・大豆・マグロ・イワシ
    ⇒老化予防に
  • 銀杏+胡瓜・冬瓜・カボチャ・セロリ
    ⇒むくみ軽減に
  • 銀杏+昆布・椎茸・ゴボウ・オクラ
    ⇒生活習慣病予防に
  • 銀杏+大根・クルミ・ゆり根・豆腐
    ⇒咳の軽減に

銀杏(ぎんなん)の民間療法

炒ったギンナンをオイル漬けにしたものは咳や痰・喘息などの軽減に良いと言われています。喉の痛みや咳などの場合はオイル漬けではなくハチミツに漬けたものを食べても良いそうです。

乾煎りしたギンナンを食べると夜尿症に良いと言われています。ただし昔は子どものおねしょ対策としても使われていたそうですが、銀杏中毒の危険性があることからお子さん用としては適していません。また焼いたギンナンは尿を抑え、生のギンナンは利尿効果があるとする説もあるそうです。

ナッツ・シード類 食材の種類別に探す

 - , , , ,

投稿日:2017/11/27 (更新)
by SlowBeauty