SlowBeauty

命を頂くことに感謝して、栄養満点のご飯を食べよう

柿(カキ)イメージ

【柿】カキの栄養・効果

「柿が赤くなれば、医者が青くなる」という言葉があるほど栄養価が高く、疲労回復や健康維持に優れた果物とされる柿。アンチエイジングでもお馴染みのビタミンCとカロテンが豊富で、抗酸化作用のあるタンニンと合わせて美肌・美白にも役立つと考えられてます。また免疫力をサポートすることで風邪予防に、ビタミンCがストレス軽減

和梨(ナシ)イメージ

【和梨】ナシの栄養・効果

梨に含まれている糖アルコールの一種ソルビトールは他の糖類よりも吸収スピードが遅く、吸水作用によって便を柔らかくして便秘解消にも役立つと考えられています。また和梨は水分が多く、アンモニアを体内に排出する働きがあるアスパラギン酸・カリウムを含んでいるためむくみ解消効果が期待できます。水分と糖質が多いので夏バテ対策や

キャベツイメージ

【甘藍】キャベツの栄養・効果

キャベツの栄養分中でも含有量が多いビタミンC。疲労回復や抗ストレス効果、もちろん美容面でも注目されており、β-カロテンと合わせて美肌効果やアンチエイジングに効果が期待できるとされています。キャベツの栄養・効果を語る上で外せないのビタミンUは別名「キャベジン」とも呼ばれ、胃腸の粘膜を保護・修復する働きがあること

白菜イメージ

【白菜】はくさいの栄養・効果

白菜は約95%が水分で低カロリー。ビタミンC・カリウム・カルシウム・マグネシウム・亜鉛・食物繊維なども少量ずつ幅広く含んでいますから美肌効果やむくみ解消効果も期待できます。微量元素モリブデンやアブラナ科共通のイソチオシアネート化合物(ジチオールチオニン)などが含まれることから、がん予防に役立つのではないかとも

菠薐草(ホウレンソウ)イメージ

【菠薐草】ホウレンソウの栄養・効果

緑黄色野菜であるほうれん草には美肌に欠かせないβ-カロテンが豊富で、ビタミンC、ビタミンB群や、むくみ解消に役立つカリウムのも豊富。「胃腸のほうき」と呼ばれるほど食物繊維も豊富。ほうれん草の効能で特出しているのは貧血の予防・改善効果。鉄や造血ビタミン葉酸を多く含み、血流改善効果のあるピラジンも含まれ

ニラ(韮)イメージ

【韮】ニラの栄養・効果

ニラはβ-カロテンやビタミンA、ビタミンC、食物繊維、ミネラルが豊富。ニラの食物繊維は、大腸を活性化して便通を促す“食べる下剤”とも言われるほど。硫化アリル(アリシン)を含みビタミンB1の吸収アップ、アンチエイジング効果、抗酸化作用で血液がサラサラになり、血の巡りも良くなるため冷え性の改善にも期待

セロリイメージ

【和蘭三葉/塘蒿】セロリの栄養・効果

セロリにはカリウム、β-カロテンやビタミン類、食物繊維などを含んでいることから美容野菜として人気。約40種類含まれている香り成分に含まれるアピインやセネリンは精神を落ち着かせる働きが期待され、ピラジンには血流を良くしてくれることから新陳代謝の活発化や疲労防止・免疫力アップも繋がると考えられています。低カロリーで

菜の花イメージ

【油菜/菜花】菜の花の栄養・効果

菜の花には豊富な栄養素の相乗効果で抗酸化作用(老化防止)、疲労回復、美肌効果などが期待できます。野菜類の中でも多く葉酸を含み、鉄分と併せて貧血防止の効果があります。菜の花はデトックス効果や血液サラサラ効果のあるイソチオシアネートの元となるグルコシノレート含有量がアブラナ科の中でもトップクラス。特に蕾部分には