シナモンとその栄養成分・効果効能
|桂皮? 肉桂? 毛細血管が若返るって…?

シナモンイメージ

シナモンとは

シナモンはシナモンコーヒーやアップルパイ・クッキーなどのお菓子の香り付けなどに使われる、甘い香りが特徴的な香辛料。その香り高さから「スパイスの王様」と称される事もありますし、胡椒・クローブ・ナツメグとともに「世界4大スパイス」と言われるほど世界的に大切にされてきた香辛料の一つでもあります。コーヒーもしくは洋菓子・インドのマサラチャイなど“海外”の香辛料というイメージが強い方もいらっしゃるかもしれませんが、八つ橋やニッキ飴など日本のお菓子で使われているニッキ(肉桂/ニッケイ)というのもシナモンの仲間ですよ。

シナモンはクスノキ科ニッケイ属のいくつかの樹木、もしくは樹木を原料とした香辛料を指す言葉です。。厳密な区分としては洋菓子などに使う香辛料“シナモン”として用いられることが多いのがセイロンニッケイと呼ばれる種類で、こちらは内樹皮と言われる幹の皮にあるコルク状の部分が使われています。シナモンスティックと呼ばれるものですね。そのほか近縁種のシナニッケイの樹皮を原料とするシナモンカッシアや、日本にも自生しているニッケイの木の根皮を原料としたニッキもあります。

総称として簡潔に言うとどれもシナモンではありますが、種も風味も異なるためセイロンニッケイを原料とするものをセイロンシナモンやトゥルーシナモン、シナニッケイを原料とするものを(シナモン)カシアと呼び分けることもあります。ニッキの場合はシナモンよりもシャープな印象のある香りなので、特に日本ではシナモンとは別の存在として扱われることが多いですね。好き嫌いはありますが、ニッキと言われるとお年寄り・ハーブなどをあまり使わない方であっても親しみを感じるのではないでしょうか。

ちなみに生薬の桂皮(ケイヒ)や肉桂(ニッケイ)として用いられているのは、シナモンカシア(トンキンニッケイ)が主と言われています。さらに生薬としては幹皮部分は桂皮(肉桂)・細枝部分は桂枝と呼び分けられ、それぞれ似て非なる効能を持つと考えられています。ただし桂皮と桂枝の区別が日本では曖昧で、原料としても“トンキンニッケイやその他同属植物”とアバウトな面が多々あるそうです。

なのでシナモンやニッキは「食べる生薬」かということについては是非両方の意見がありますが、確実にそうではないものの可能性はあると言うところでしょうか。生薬とは若干異なりますが、身近な香辛料であるシナモンも健康サポートに役立つ食材であると考えられています。一時期は“血管の若返りをサポートしてくれるスパイス”として紹介され注目されたこともありますね。身体をポカポカと温めてくれる働きが期待できることに加えてコーヒーや紅茶・ココアなどの飲み物類と組み合わせやすく、手軽に取り入れられるのもシナモンの魅力と言えます。ご家庭のキッチンに無くても困るような存在ではありませんが、あるとお菓子や飲み物などに香りと深みを与えてくれるスパイスです。

シナモンに含まれる栄養や成分に期待できる働き・巷で言われる効果効能の理由とは?

シナモンは100gあたりの栄養価で見るとカリウム・カルシウム・鉄分などのミネラルを非常に多く含む食材で、ビタミンB群やポリフェノールなども多く含有しています。しかし野菜などのようにそのまま食べるものではなく、香辛料(スパイス)としての利用するもの。このため一日に摂取する量としては0.数グラム~数グラム程度と栄養補給面では役立ちませんが、薬効成分や非栄養性機能物質と呼ばれる成分の働きから健康維持や美容面のサポーターとして有用であると考えられています。

シナモンはこんな方にオススメ

  • 毛細血管を丈夫に保ちたい方
  • 老化を予防したい方
  • ストレス・精神的な疲労感
  • 気持ちの落ち込みがある時
  • 血行不良・冷え性の軽減に
  • 動脈硬化・血栓の予防に
  • むくみの予防・改善に
  • 食欲不振や消化不良に
  • 便秘・お腹のハリがある方
  • 腸内フローラを整えたい方
  • 血糖値が気になる方
  • ダイエットサポートに
  • 肌のアンチエイジングに
  • くすみ・角質化が気になる
  • 抜け毛・薄毛予防に
  • 月経トラブルの軽減に

下記ではこうしたお悩みがある方にシナモンが良いとされる理由や、話題になった桂皮アルデヒドとTie2の関係・毛細血管の若返りなどについて詳しくご紹介します。

毛細血管の保護・老化予防

シナモンに含まれている成分・期待される効果として、近年最も注目されているのはTie2(タイツー)の活性化による毛細血管の保護・修復効果と言っても過言ではないでしょう。私達の体には動脈・静脈という大きい血管と、毛細血管と呼ばれる細い血管があります。実は毛細血管は人間の血管全長の95%を占めており、全てを繋ぎ合わせると人一人の文だけで地球を2周以上出来るほどあります。

毛細血管はたくさんありますが、細く脆いため刺激によって傷つきやすい存在もであります。毛細血管は内側と外側の二重構造になっていて、Tie2(タイツー)という分子で繋がっています。しかしTie2の活動は年をとるほど低下していき、それによって血管の外側が壊れていってしまう=血液循環が行われなくなり毛細血管が消滅していってしまうと考えられています。メディアで「ゴースト血管」と呼ばれるのがこの状態ですね。加齢によって毛細血管は減少していき、70~80代になると30代の頃よりも4割位血管が少なくなるという報告もあります。

しかしシナモンに含まれているシンナムアルデヒド(桂皮アルデヒド)は血管の内側と外側を繋ぐ成分Tie2の活性化を促進させることで、毛細血管を若々しい状態で保ってくれる・毛細血管の修復を促してくれる働きを持つ可能性が報告されています。この桂皮アルデヒドの働きによってTie2が活発化する=ボロボロになった血管を蘇らせ末端部まで血液を行き渡るようサポートしてくれると、毛細血管を維持するだけではなく毛細血管の減少よって起こる様々な不調や老化予防にも繋がると考えられています。

下記でご紹介する末端冷え性の軽減やお肌の老化予防・アレルギー・内蔵機能低下などその働きは多用。若々しさや健康であるための下地を作るための成分として注目されているとも言えますね。一時期はTVやネットニュースなどメディアでも大々的に取り上げられていたため、聞き覚えのある方も少なくないのではないかと思います。

血行不良・冷え性緩和

シナモンに含まれているシンナムアルデヒド(桂皮アルデヒド)は毛細血管を丈夫に保つように働きかけると共に、血管拡張作用によって末端部まで血液が送りやすい状態を作る働きも持つと考えられています。加えてアラキドン酸という脂肪酸が血小板から放出されるのを抑制することで血液の凝固を防ぎ、血液をサラサラ状態にする働きも期待されていますから、血液の通り道と血液の状態、両方を整えてくれる成分として注目されています。

この働きからシナモンは血液循環が滞ることで起こる冷え性や肩こりなどの不調、血栓などの予防に役立つ食材と考えられています。シナモン自体が高い抗酸化作用を持った食材であることも報告されていますから、抗酸化作用と合わせて高血圧や動脈硬化などの生活習慣病発症リスク低減にも役立ってくれる可能性があるでしょう。

また冷え性の軽減という面で見るとシナモンは体を温める働きがある食材と考えられています。一説ではシナモンの“媚薬効果”も血流を良くして体を温めること・精神面での高揚作用の2つに起因するのではないかと言われていますよ。血行不良による末端冷え性に高い改善効果が期待出来ますし、抗酸化作用やメンタル面のサポートからも冷えの原因となる代謝機能の低下や自律神経の乱れなどを抑制してくれると考えられます。

ストレス対策・記憶力保持

シナモンの有効成分とされているシンナムアルデヒド(桂皮アルデヒド)は、シナモン独特の香りを形成する精油成分でもあります。シンナムアルデヒドなどの成分によって作られるシナモンのスパイシーかつ甘い香りは鎮静作用と高揚作用の両方を有していると考えられており、ストレスによる精神的な疲労や気持ちの落ち込みなどを軽減する働きが期待されています。シナモンのアロマというものもありますね。

またシナモンの香りをかぐことで脳の機能を高め、記憶力向上効果が期待出来るという説もあります。シンナムアルデヒドによる毛細血管の減少予防効果も脳への血流を確保し、脳細胞の破壊抑制に繋がるため認知症のリスク低減に役立つのではないかと期待されています。孤独感を感じている場合にも温かみのあるシナモンの香りが心を癒してくれると言われていますし、抑うつの治療補助として取り入れられることもあるそう。心が辛いと感じた時や、記憶力を高めたい時などにもシナモンがサポートしてくれるかもしれません。

むくみ予防・軽減

毛細血管が脆いと漏れ出す水分をリンパが処理しきれなくなりむくみが起きる可能性があります。このためシナモンに含まれているシンナムアルデヒド(桂皮アルデヒド)のTie2活性化による毛細血管老化・減少予防や血行促進機能は、むくみの改善にも繋がると考えられます。多量摂取した場合の危険性が指摘されているクマリンという成分も適量であれば血液循環を促すことでリンパの流れを良くする働きが期待されていますから、相乗して体液循環を整えむくみを予防してくれるでしょう。精神的なサポートによって自律神経のバランスを整えることもむくみ予防に繋がります。

ちなみにシナモンは100gあたり550mgのカリウムが含まれている・体液循環をサポートしてくれるマグネシウムが豊富だとする説もありますが、実際の摂取量は多くても1~2g程度。計算すると、補給できるカリウムは10mg程度と考えられます。ナトリウム摂取量が気になる時のむくみや高血圧の方に良いとする見解もありますが、カリウム補給源としては考えないほうが良いでしょう。シナモンティーを飲んでいるから大丈夫、などと考えると残念な結果になってしまうかもしれません。

血糖値上昇抑制

シナモンは糖尿病ほか生活習慣病予防の予防をサポートしてくれるスパイスとしても注目されています。これはシナモンに含まれている「プロアントシアニジン」に血糖値を安定させる効果を持つ可能性が報告されていることが大きいそう。プロアントシアニジンはインスリンの分泌や働きをサポートすることで血糖値上昇抑制・安定化効果を持つと考えられており、シナモンの摂取実験では血糖値が30%減少するという研究報告もされています。

この働きからシナモンはⅡ型糖尿病の予防や悪化抑制に役立つと考えられていますし、プロアントシアニジンにはLDL(悪玉)コレステロールの低減作用も報告されています。シナモンにはプロアントシアニジンのほかクマリンやオイゲノールなど抗酸化作用を持つ物質も多く含まれていること、シンナムアルデヒド(桂皮アルデヒド)によるTie2活性化・血流改善なども期待できますから、複合して動脈硬化や心臓病のリスク低減・糖尿病合併症予防など様々な病気の予防に役立つのではないかと注目されています。

便秘改善・肥満予防

シナモンの持つ血行促進や抗ストレスなどの働きは、胃腸機能を整えることにも繋がります。シナモンは消化機能サポートに高い働きを持つスパイスとも言われていますから、食欲不振や消化不良のほか便秘・下痢・お腹のハリなどの軽減にも効果が期待できるでしょう。また近年はシナモンに優れた抗バクテリア作用があることも報告されており、腸内の善玉菌を減らさずに悪玉菌のみを減少させる働きも期待されています。腸内フローラが気になる方も取り入れてみると良いかもしれませんね。

加えて血糖値の急激な上昇を抑制することは糖を脂肪として溜め込みにくくすることにも繋がります。便秘やむくみを軽減することで老廃物の排出を促すことと合わせて、太りにくい体質つくりのサポートとしても期待できるでしょう。さらに近年ではシナモンには脂肪細胞を縮小化させる作用がある可能性も報告されており、シンナムアルデヒド(桂皮アルデヒド)のTie2活性化・血流改善と合わせてダイエットのサポーターとしても注目されています。

シナモンの甘い香りは空腹感と甘いものへの欲求を抑えるのに役立つという説もありますし、気持ちの落ち込みを和らげてくれる香りでもありますから、自分との孤独な戦いでもあるダイエットのお供にも心強いですね。コーヒーや紅茶を飲む時についお砂糖を入れすぎてしまう方であれば、シナモンを入れると砂糖の減量にもなりますよ。

風邪・感染症予防

Tie2活性化作用が注目されているシンナムアルデヒド(桂皮アルデヒド)ですが、それ以外に優れた殺菌・抗菌作用を保つ成分でもあります。古くシナモンは防腐剤としても利用されていたと伝えられていますが、経験的に何らかの効果が分かっていたのかもしれませんね。近年でもアメリカのトゥーロ大学で行なわれた実験ではシナモンに抗ウィルス作用が認められ、風邪やインフルエンザ・ヘルペスなどの感染症予防への有効性も報告されています。

風邪予防という点では血行を良くして体を温めてくれる働きがあることも、大きなメリットと言えるでしょう。初期症状のケアは勿論ですが、体が温かく保たれる・腸内フローラのバランスが良くなることなどから免疫力そのものの向上も期待できます。

美肌保持・アンチエイジング

肌細胞に酸素や栄養素を供給するのは主に血液の働き。そのため補給路と言える毛細血管をしっかりと保つことは肌へ栄養を行き渡らせ、肌のコンディションを保つことと密接に関わっています。シンナムアルデヒド(桂皮アルデヒド)のTie2活性化による毛細血管老化・減少予防や血行促進という働きはお肌の栄養補給を助け新陳代謝を高めることに繋がり、お肌のターンオーバーが促進されたりハリやみずみずしさを向上することに役立つと考えられます。血行不良の改善や腸内フローラを整える働きが期待できますから、クマ・くすみの改善に繋がる可能性も高そうです。

またシナモンの毛細血管の保護・修復作用は毛細血管の減少や損傷から起こるシミ、シワ、たるみの予防改善にも繋がります。桂皮アルデヒドはTie2を活性化させることで毛細血管の老化を予防してくれますが、シナモンにはプロアントシアニジンやクマリン他抗酸化作用を持つポリフェノールも豊富。このためシナモン全体としては強い抗酸化作用を有することも認められていますし、プロアントシアニジンによる血糖値上昇抑制から抗糖化の面でもアンチエイジングをサポートしてくれるのではないかと期待されています。抗酸化・抗糖化・毛細血管の保持と、3方面から若々しさを支えてくれる食材として美肌作りに取り入れられているのっも納得ですね。

美髪保持・抜け毛予防

シナモンの毛細血管保持・血行促進作用や抗酸化作用などは肌だけではなく頭皮・髪の状態を整えることにも繋がります。頭皮へとしっかりと血液・栄養が行き渡ることで抜け毛や薄毛予防にも良いのではないかと注目されており、男性にも取り入れられることが増えています。シナモンの摂取から補給できるのは微々たる量ですが、髪の健康維持に必要なビタミン・ミネラルが含まれていることも何らかの関係があるのでは?という見解もあるようですよ。

Sponsored Link

シナモンの選び方・食べ方・注意点

シナモンの一日の摂取量は0.6g~3g程度が適量と言われています。シナモンに含まれる「クマリン」という香り物質は過剰摂取した場合肝障害を誘発する危険性があり、振掛ける程度でも有効な量が摂取できますのでサプリメントなどでの摂取はおすすめ出来ません。クマリン含有量はセイロンシナモンが最も低いことが分かっていますので、気になる方はセイロンシナモンを選ぶようにしましょう。香り・品質としてもセイロンシナモンが最高と言われていますよ。

女性の体への働きについて

シナモンは若干の子宮刺激作用もしくはホルモン様作用を持つスパイスとも言われています。血行促進作用と合わせて生理痛の軽減効果が期待されているほか、ホルモンバランスの調整や月経周期の安定に役立つとする説もあります。むくみ改善や気持ちの落ち込みを軽減してくれるなどの働きもありますから、更年期障害やPMS(月経前症候群)の軽減にも取り入れられることがあるようです。

こうした働きからシナモンは子宮収縮を促す可能性があるため妊娠中の使用は避けた方が無難な食材とされています。しかし食品として摂取した場合の作用は弱く、ごく少量であれば影響は少ないと考えられるため妊娠初期以外はフレーバーとして微量使うくらいなら問題ないとする見解もあります。自分でシナモンパウダーを振りかけるなどするのは控えた方が良いですが、アップルパイのアップルフィリングに使われているものなどは「気にしすぎる」必要は無いでしょう。

効果アップが期待出来るシナモンの食べ合わせ

  • シナモン+クルミ・ココア(カカオ)・ワイン
    ⇒アンチエイジング
  • シナモン+りんごバナナ・ヨーグルト
    ⇒胃腸を整える

シナモンの雑学色々

シナモンの歴史

シナモンはスパイスの中でも特に歴史が古いとされ、世界最古のスパイスの1つとも言われています。いつから人々が用いていたかは定かではありませんが、紀元前4000年頃にミイラの防腐剤として使用されていたことが分かっています。古代エジブトではミイラ作り以外にも聖なる香油・香煙として宗教儀式などにも欠かせないものだったと考えられていますし、良い匂いを放つ植物として権力者や富裕層の生活・礼式などに重宝されていたのだとか。古代ギリシアやローマでも同様にシナモンは用いられていたと考えられていますし、パピルスや旧約聖書などの文献にもシナモンは登場しています。

また古代ギリシャではシナモンの甘美な香りから「愛をかきたてる」と考えられ、深い愛情を示す最高の贈り物として王侯貴族に重宝されていました。暴君として有名な皇帝ネロは最愛の妻の死後、ローマで使用される1年分のシナモンを愛の証として焚いたという逸話も残っていますよ。このためシナモンは“愛のスパイス”として知られるようになり、媚薬としての利用も増えていったようです。17世紀に活躍した有名なハーバリストであるニコラス・カルペパーも著書『Culpeper’s Complete Herbal』の中でシナモンの持つ媚薬性について触れているそうですよ。

日本でもシナモンは非常に古い時期に伝来したスパイス群の一つに数えられており、奈良時代(8世紀前半)にはシナモンが「桂心」という名で薬物として持ち込まれたことが分かっています。このとき伝わった生薬は現在でも正倉院の御物の中に保存されています。ちなみに日本のシナモンと呼ばれるニッキ(肉桂)は18世紀前半、享保年間に中国から伝えられたと言われています。

お正月に1年間の邪気を払い長寿を願って飲む“お屠蘇”を作る時に使う屠蘇散の材料としてもシナモン(肉桂)が使われています。お屠蘇が日本に伝わってすぐの奈良~平安時代には宮中儀式として飲まれていただけでしたが、江戸時代になると庶民の間でもお正月の定番として親しまれていたようです。

シナモン民間療法

ハチミツ:シナモン:オリーブオイルを2.5:1:4で混ぜたペーストをシャンプー前に頭皮に塗ってマッサージすることで、頭皮の毛穴づまり解消・血行促進効果が得られると言われています。ヘア関係のトラブルにも良いのだとか。

その他、はちみつ大さじ3・シナモン小さじ1を混ぜてニキビに付けてパックし、ぬるま湯で洗い流すことを続けるとニキビ改善に繋がるという説もあります。

生薬としてのシナモン:桂皮/肉桂の効能

上記でもご紹介したように厳密には桂皮(ケイヒ)や肉桂(ニッケイ)と呼ばれる生薬は近縁種のトンキンニッケイなどを原料としていますが、日本では“トンキンニッケイやその他同属植物”と捉えているケースもあるので生薬としての効能とされているものをいくつかご紹介します。

桂皮は中国医学では「薬物の王」とも呼ばれる重要な生薬の一つで、桂枝茯苓丸や葛根湯などの処方にも配合されています。補陽・温裏・止痛・温通などが主な効能とされ、手足の冷えや腹痛・下痢などの消化器系トラブルに取り入れられることが多いと言われています。特に冷えに起因する腹痛や下痢などに適していると考えられています。そのほか無月経やのぼせなど女性領域のトラブルに関しても用いられることがあるそう。また肉桂と桂枝はどちらも体を温める性質があるとされていますが、肉桂(温裏薬)は大熱・桂皮は温性(解表薬)とする見解もあります。