SlowBeauty

命を頂くことに感謝して、栄養満点のご飯を食べよう

「 ダイエット 」 一覧

ふきのとう/蕗の薹イメージ

【蕗の薹】フキノトウの栄養・効果

春の訪れを感じさせてくれる食材、フキノトウ(蕗の薹)。ビタミンEを筆頭とした抗酸化ビタミンや、ケンフェロール・フキノール酸・クロロゲン酸・ケルセチンなどのポリフェノールを含む事からアンチエイジングにも役立つと考えられています。そのほか芳香成分フキノリドに胃腸機能の活発化・消化促進が、苦味成分である植物アルカロイドには肝機能や腎機能の向上によるデトックス効果なども期待されており、身体が切り替わる春に

チンゲンサイ(青梗菜/体菜)イメージ

【青梗菜/体菜】チンゲンサイの栄養・効果

青梗菜(チンゲンサイ)はブラッシカ・ラパを祖先とするアブラナ科の野菜で、和名である体菜(たいさい)・白軸のものはパクチョイとも呼ばれています。β-カロテン含有量が多くビタミンCも比較的多く含んでいるため、免疫力向上や風邪予防・抗酸化作用による生活習慣病予防などに役立つのではないかと考えられています。またカルシウムも多いので骨粗鬆症予防や成長サポートにも、低糖質・低脂質・低カロリーなことからダイエットに

ヤーコンイメージ

【Yacon】ヤーコンの栄養・効果

フラクトオリゴ糖が豊富に含まれていることから「オリゴ糖の王様」や「天然オリゴ糖の塊のような野菜(芋)」などと称されるヤーコン。また全体の85~90%近くが水分、かつ10%程度を占める炭水化物もヤーコンの場合はフラクトオリゴ糖が主成分という特徴があります。このため腸内善玉菌(ビフィズス菌や乳酸菌)を増殖させる手助けをしてくれる食材として便秘予防やダイエットサポートに

ヘーゼルナッツイメージ

【Hazelnuts】ヘーゼルナッツの栄養・効果

香ばしさと甘さを感じさせる独特の香りが印象的なヘーゼルナッツ。トルコでは一日一掴み食べることが健康の秘訣とも言われています。オレイン酸・パルミトレイン酸など良質な脂質が多く、代謝に関わるビタミンB群とビオチンの補給にも繋がると考えられます。脂質が多く高カロリーですが適量であれば健康維持や肥満予防にも役立ってくれるでしょう。またビタミンEが多いため抗酸化や女性ホルモンのバランスを整える働きなども

カシューナッツイメージ

【Cashew nuts】カシューナッツの栄養・効果

コリコリした食感と弧を描いたようなフォルムが特徴的なカシューナッツ。ナッツ類の中では低脂質・1粒約9kcalと低カロリーな部類に入り、高タンパクかつビタミンB1が多いため疲労回復に繋がると考えられています。そのほか便秘予防や冷え性軽減・ダイエットサポートにも取り入れられており、抗酸化にも繋がります。鉄分と亜鉛が多く含まれていることから貧血予防やホルモンバランス・性機能の保持、薄毛予防など

パパイヤ(パパイア)イメージ

【蕃瓜】パパイヤ(パパイア)の栄養・効果

淡白めの風味が特徴のトロピカルフルーツ、パパイア。タイ料理などで野菜として用いられる未成熟の青パパイヤ(グリーンパパイヤ)も知られています。3大栄養素全てを分解する働きがあることが報告される“パパイン”などの消化酵素が含まれていることがよく紹介されており、消化機能のサポートに役立つと考えられています。特に青パパイアは酵素類が多いことから代謝促進・ダイエットにも期待されています。また抗酸化物質を

タマリンドイメージ

【朝鮮藻玉】タマリンドの栄養・効果

豆のような不思議な見た目のトロピカルフルーツ、タマリンド。スーパーフード(スーパーフルーツ)として日本でも注目されている果物で、酒石酸やクエン酸などの働きから代謝向上や疲労回復促進に役立つと考えられています。またヒドロキシクエン酸(HCA)という血糖値上昇抑制効果が期待される成分を含むこと、食物繊維が多いことなどからダイエットのお供としても注目されています。ビタミンB群や鉄分やカルシウムなど

桜海老(サクラエビ)イメージ

【桜海老】サクラエビの栄養・効果

風味が高く、また彩りとしても様々な料理に使われている桜海老。桜色の元である天然色素成分(カロテノイド)の一種であるアスタキサンチンが多く含まれていることが特徴で、高い抗酸化作用を持つことからアンチエイジングや眼精疲労予防などに役立つと考えられています。また殻ごと食べられるためカルシウムを多く補給できることも特徴で、他ミネラルやアミノ酸も豊富なので滋養強壮や貧血・骨粗鬆症予防などにも