「 冷え性軽減 」 一覧

ミカン(温州みかん)イメージ

温州みかんの栄養成分や効果効能|健康・美容両方に嬉しい! 皮やスジにも注目…

日本ではポピュラーな柑橘で、温州みかん。ビタミンCやカロテノイド(β-カロテン・β-クリプトキサンチン)の補給源に役立つほか、ビタミンPの一つであるヘスペリジンも含まれていますから抗酸化果物としても注目されています。血行不良軽減や疲労回復・風邪予防などの健康メリットも期待されています。近年はβ-クリプトキサンチンに脂肪燃焼促進やヒアルロン酸量増加・メラニン色素生成抑制などの働きを持つことも報告

ワサビ(山葵)イメージ

本山葵/ワサビ栄養成分や効果効能|アリルイソチオシアネートの働きや推奨摂取量は?

ツーンとした独特の刺激が特徴的な日本の香辛料、ワサビ。少量使う薬味なので栄養補給源としては期待できませんが、グルコシノレート(からし油配糖体)・アリルイソチオシアネート類を含むため様々な健康メリットが期待されています。消化促進や食中毒予防の他、近年は抗酸化作用や肝臓機能向上によるデトックス効果なども報告されています。またタマネギと同等の血流改善効果がある・赤ワイン以上の抗酸化力持つとも

パプリカイメージ

パプリカの栄養成分や効果効能|ピーマンとの違い・色による違いも紹介

鮮やかな赤色や黄色で彩りとしても活躍するパプリカ。ピーマンの仲間ではありますが苦味やクセがなく食べやすいこと、ビタミンC・カロテノイドやポリフェノール系色素などの抗酸化物質を多く含むことから人気を集めています。ビタミンCを100gあたり170mgと多く含むことが特徴的で、赤パプリカであれば赤色色素のカプサンチンには血行促進作用や代謝促進・ヒアルロン酸量増加促進などの働きも期待

獅子唐辛子(ししとう)イメージ

ししとう(獅子唐辛子)の栄養成分・効果効能|栄養補給+カプサイシンと同等の働きも期待…

甘唐辛子(ピーマン)の一種であるシシトウ。生100gあたり57mgとビタミンCが多く、調理時の損失が少ないことが特徴とされています。β-カロテンやビタミンEなどの抗酸化ビタミンも含まれていますし、ピーマンと同じくカプシエイトなどのカプシノイド化合物やピラジンが含まれていることから生活習慣病や肥満予防にも役立つと考えられています。カロリーは100gあたり27kcalで冷え性対策や便秘・むくみの軽減に繋がる成分も多い

独活(ウド)イメージ

うど(白ウド/山独活)の栄養成分・効果効能|疲労やストレス対策にも嬉しい、爽やかな山菜

春を代表する山菜の一つで、爽やかさを含んだ独特の芳香を持つウド。野生種の山独活以外に、栽培種の緑化ウド・軟白栽培された白ウドもあり比較的入手しやすい山菜です。栄養価はあまり高くありませんが、ジテルペンアルデヒドなどの香り成分やクロロゲン酸などのポリフェノール・アミノ酸を含むことから疲労回復やストレス対策などに役立つのではないかと考えられています。100gあたり18~19kcalと低カロリーな食材で

たらの芽イメージ

タラノメ(楤の芽)の栄養成分・効果効能|春は苦みでデトックス? 強壮に良いとされる理由は?

春を感じさせる食材の一つであり“山菜の王様”とも呼ばれるたらの芽。野菜類としては栄養価が高い部類であり、100gあたり27kcal。ビタミンB群が広く含まれていることから疲労回復効果が期待できますし、和食で「春の皿には苦味を盛れ」と言われることもありデトックス食材のような使われ方もしています。近年は苦味成分のエラトサイドにアルコールや糖質吸収阻害作用や肝臓・粘膜保護作用なども期待されており、糖尿病予防や肝機能

カシューナッツイメージ

カシューナッツの栄養成分・効果効能|低糖質でダイエットにも? 摂取量やデメリットは?

コリコリした食感と弧を描いたようなフォルムが特徴的なカシューナッツ。ナッツ類の中では低脂質・1粒約9kcalと低カロリーな部類に入り、高タンパクかつビタミンB1が多いため疲労回復に繋がると考えられています。そのほか便秘予防や冷え性軽減・ダイエットサポートにも取り入れられており、抗酸化にも繋がります。鉄分と亜鉛が多く含まれていることから貧血予防やホルモンバランス・性機能の保持、薄毛予防など

タイ(真鯛)イメージ

【鯛/真鯛】タイの栄養・効果

目出鯛(めでたい)とも呼ばれるように、縁起物の代表格として愛されている真鯛。勇壮な姿と赤い色から武士たちに愛された魚としても知られています。栄養価としては高タンパクであり脂質が少なめなこと・代謝に関わるビタミンB群が多く含まれていることが特徴。このため心身の疲労回復や滋養強壮に優れた魚とされていますし、DHAやEPAなどのオメガ3(n-3)系脂肪酸やアミノ酸を補給できることもあり様々な健康メリットが期待