「 精神安定 」 一覧

モロヘイヤ

モロヘイヤの栄養成分や効果効能|本当に栄養豊富? 毒性・注意点についても紹介

健康食材・健康野菜の代表格の一つであり「野菜の王様」とも称されるモロヘイヤ。クレオパトラが美容と健康のために取り入れていたとも伝えられるように、圧倒的含有量であるβ-カロテンを筆頭にビタミンC・ビタミンE・フラボノイド(ケルセチン)などの抗酸化物質が豊富に含まれています。また食物繊維が多く含まれていることから便通改善やダイエットにも効果が期待でき、健康維持だけではなく美容野菜としても注目

独活(ウド)イメージ

うど(白ウド/山独活)の栄養成分・効果効能|疲労やストレス対策にも嬉しい、爽やかな山菜

春を代表する山菜の一つで、爽やかさを含んだ独特の芳香を持つウド。野生種の山独活以外に、栽培種の緑化ウド・軟白栽培された白ウドもあり比較的入手しやすい山菜です。栄養価はあまり高くありませんが、ジテルペンアルデヒドなどの香り成分やクロロゲン酸などのポリフェノール・アミノ酸を含むことから疲労回復やストレス対策などに役立つのではないかと考えられています。100gあたり18~19kcalと低カロリーな食材で

ギンナン(銀杏)イメージ

【銀杏】ギンナンの栄養・効果

秋の風物詩で、もちもちした食感・ほろ苦くも甘みのある味が特徴的なギンナン。銀杏中毒と呼ばれる症状を起こす可能性があるので小さいお子さんの摂取は注意が必要で、大人でも一日7粒程度・多くても10粒程度以内の摂取が無難と言われています。栄養面では三大栄養素・ビタミン・ミネラルを広く含むため疲労回復や強壮・風邪予防などに役立つと考えられています。摂取量を考えると十分な補給とは言い難いですが、カリウムが多い

マンゴスチンイメージ

【茫栗】マンゴスチンの栄養・効果

爽やかで上品な風味から果物の女王とも呼ばれるマンゴスチン。原産地である東南アジアでは「神の食べ物」とも呼ばれていたそうですし、イギリスのビクトリア女王が好んだ果物としても知られています。近年は果皮にキサントンやアントシアニンなどのポリフェノールが豊富で抗酸化作用によるアンチエイジング効果や肥満予防効果などが期待されています。ただし食用とする果肉部分はポリフェノール類をほとんど含まないため、ビタミンB1やパントテン酸がやや多い程度。ビタミンB群と糖質が補給できることから夏バテ対策や疲労回復に有効と

グァバイメージ

【番石榴】グァバの栄養・効果

ビタミンCが豊富なフルーツとして注目されているグァバ。大まかには実の形状からアップルグアバ・ペアーグアバ・キンググァバなどと呼び分けるか、外皮・果肉の色でストロベリーグァバなど呼び分けられるおとが多いです。赤肉種にはβ-カロテン・β-クリプトキサンチンも含まれ高い抗酸化作用が期待できるとしてスーパーフードにの一つにも数えられています。ビタミンCの多さと合わせてアンチエイジングや美白・肌荒れ予防など

金目鯛(キンメダイ)イメージ

【金目鯛】キンメダイの栄養・効果

煮魚用に人気の金目鯛は分類としてはキンメダイ科に属す深海魚なので鯛の近縁種ではありませんが、赤い体色から鯛の名が付けられています。タンパク質・アミノ酸やビタミンB群を多く含むため、疲労回復や体力増強に役立ってくれるでしょう。また皮には抗酸化作用が高いとされる「アスタキサンチン」を含むため、アンチエイジングや美肌などにも効果が期待されています。その他眼精疲労予防や自律神経のバランスを整える働きなども期待

タイ(真鯛)イメージ

【鯛/真鯛】タイの栄養・効果

目出鯛(めでたい)とも呼ばれるように、縁起物の代表格として愛されている真鯛。勇壮な姿と赤い色から武士たちに愛された魚としても知られています。栄養価としては高タンパクであり脂質が少なめなこと・代謝に関わるビタミンB群が多く含まれていることが特徴。このため心身の疲労回復や滋養強壮に優れた魚とされていますし、DHAやEPAなどのオメガ3(n-3)系脂肪酸やアミノ酸を補給できることもあり様々な健康メリットが期待

ヒラメ(平目/鮃)イメージ

【平目/鮃】ヒラメの栄養・効果

白身魚の代表格とも言えるヒラメ。例外もありますが「左ヒラメ、右カレイ」と言われるように、背を上にした時に左に目が来るのがヒラメです。低脂質・低糖質で、100gあたり126kcal。タンパク質が全体重量の20%以上を占めておりアミノ酸が豊富なこと・消化に良いことから疲労回復や病後の回復食・成長サポートにも適しているでしょう。またビタミンB群の含有も多いので代謝向上・肌荒れ予防・目の疲れ軽減などにも