SlowBeauty

命を頂くことに感謝して、栄養満点のご飯を食べよう

【八角/大茴香】スターアニスの成分・効果

スターアニス(八角)イメージ

スターアニス(八角)とは

中華料理などでたまに目にするものの、あまり馴染みのないスパイスである八角。中華料理には必須のスパイスで、八角を入れればなんでも中華料理っぽくなる、と言われるほど。ブレンドスパイスの「五香粉(ウーシャンフェン)」の主原料も八角なんですよ。香辛料として以外にも石鹸や歯磨き粉、化粧品などに幅広く利用される国民的スパイスなのだとか。

八角はモクレン科シキミ属(常緑樹)トウシキミの果実を乾燥させたものの名称で、八角状の星形をしていることが名前の由来。日本でもよく見かけるシキミと似ていますが種が違います。シキミという名前も「悪しき実」が由来だという説があるくらい毒性が強いため、注意してください。

インド料理やアロマテラピーで耳にする「スターアニス(チャイニーズアニス)」も八角のことで、アニスに似た甘い香りとほのかな苦味があることから「アニス」が付けられています。漢方の生薬としても「八角茴香(はっかくういきょう)」あるいは「大茴香(だいういきょう)」という名前で用いられています。

スターアニスの歴史

八角の原産は中国南部~インドと考えられており、古くからアジア料理に欠かせないスパイス・薬・宗教儀礼用に重宝されてきました。その他に口臭消しとしても利用されることがあったのだそう。中国から日本へも早い段階で渡来していましたが、和食ではスパイスとしては利用せず香料として利用してきました。戦国時代の武士が出陣の時に兜の中に八角の香を焚き込めたという話もあります。

ヨーロッパに八角が持ち込まれたのは16世紀末、イギリスの航海士が持ち帰ったものがきっかけだと言われています。アニスと香りが似ていることからスターアニスと呼ばれ、アニスの代用スパイスという位置付けだったようです。フルーツやジャム、リキュールの香り付けなどに使われていたという記録が残っているようです。

スターアニスはこんな方にオススメ

  • 生理痛・月経不順の緩和
  • PMSや更年期障害の緩和
  • 精神的なストレス緩和
  • 便秘・むくみの解消
  • 腹部膨満感(お腹の張り)
  • 食欲増進・吐き気を抑える

スターアニス(八角)の主な成分・期待される効果

成分としてはビタミンB1,B2,E、カルシウム、カリウム、マグネシウムなどのミネラルと食物繊維を含みますが、スパイスなので栄養補給としては期待できません。

Sponsored Link

冷え・むくみ対策

スターアニスの香り(精油成分)に含まれるリモネンは柑橘系によく見られる成分で、交感神経を刺激して血行を促進する作用があるとされてます。血行促進により体内の代謝向上による冷え性の改善効果が期待出来ます。また八角には利尿作用もあるとされており、体の余分な水分を排出しむくみを解消させることからも冷えの解消効果が期待出来ます。

女性機能のサポート

スターアニスに含まれている精油成分のトランス-アネトールには女性ホルモン(エストロゲン)と似た構造を持つことから、女性ホルモンのサポートとしても役立つのではないかと考えられています。体を温めて冷え・むくみを軽減してくれることと合わせて月経不順や生理痛・PMS(月経前症候群)・更年期障害など女性特有の不調サポートに効果があるとする説もあります。

胃腸機能サポート

八角に含まれるリモネンには体内の代謝、消化活動を活発にするさようがあります。柑橘系のものが食欲不振や消化不良などに良いとされるのと同じですね。アネトールもまた女性ホルモン作用だけではなく、胃腸の調子を整える作用があるとされています。腸の蠕動運動促進作用や、腸内に溜まったガスを体外に排出する効果もあると言われていますので便秘やお腹が張って苦しくなる場合の改善も期待出来ます。

ストレス軽減

八角に含まれるピネンという精油成分は神経の興奮を抑える作用があることが報告されている成分で、アロマでもスターアニスの精油はストレスをやわらげる・イライラ、気分の落ち込み、憂鬱感を解消する作用があるとされています。

精神的なストレスで疲れてしまったときや精神状態が安定しない場合などに、取り入れてみても良いでしょう。シナモンパウダーのような感覚で粉末状にしてコーヒーや紅茶に加えて飲むと手軽に摂取できます。

スターアニス(八角)の選び方・食べ方・注意点

スターアニス(八角)の香りは好き嫌いがはっきりと分かれます。初めて利用する場合は最もポピュラーな豚の角煮などの肉料理や、カレーに混ぜるて利用してみると良いでしょう。使用量を少量にすればそれほど気にならずに利用できます。さほど香りや風味が気にならない場合はコーヒーや紅茶などの飲み物や、ジャム・クッキーなどに入れるなどすると活用の幅が広がります。

※スターアニスに含まれるシキミ酸はインフルエンザ治療薬「タミフル」の原料となっていますが、タミフルに利用されているのは化学合成されたもので、八角をスパイスとして利用した場合の効果はありません(副作用も心配ありません)。

スターアニス(八角)の活用方法・民間療法

スターアニスには金運をアップさせるという言い伝えがあります。八角を財布に入れる・八角を煮出したお茶を入浴剤に利用するなどで金運や健康運がアップするという話もあります。(※お風呂は香りがキツイので注意)

生薬としての八角(大茴香)の効能

温性、特にお腹を温める力が強いとされ、腎を温め寒気を散らす、気の巡りの改善により痛みを止める、胃の調子を整えるなどの効果があるとされています。冷え性の改善・冷えからくる生理痛などの女性の不調、食欲増進・腹部膨満感・胃腸の調子を整える目的で利用されることが多いようです。

こんな使い方も

スターアニスの精油(大茴香油)の主成分は女性ホルモンのエストロゲンと似た働きを持つとされている「アネトール」のため、月経痛・月経不順・PMS・更年期障害などの女性ホルモンのバランスの乱れに起因する女性の不調緩和に役立つと言われています。

また八角のホール(形状そのまま)のものは見た目も可愛らしいので、インテリアとして利用されることもあります。香り成分ピネンが神経の興奮を鎮めてくれますので、ベット付近にインテリア兼芳香剤として置いておいても良いのでは?

スパイス・香味野菜 食材の種類別に探す

 - , , ,

投稿日:2015/05/03 (更新)
by SlowBeauty