SlowBeauty

命を頂くことに感謝して、栄養満点のご飯を食べよう

【菠薐草】ほうれん草の効果

ホウレンソウイメージ

  1. ほうれん草とは
    1. ほうれん草の歴史
  2. ほうれん草の栄養・効果
    1. 調理ポイント・注意点
  3. こんなお悩みにオススメ
  4. 効果をアップを狙える食べ合わせ
  5. ほうれん草の活用・民間療法

ほうれん草とは

ほうれん草はヒユ科アカザ亜科に属する野菜、ヒユ科の仲間としてはアマランサス(仙人穀)などがあります。日本全国で栽培されています。涼しい所の方が味も栄養面も向上する野菜で、収穫前に冷温にさらした「寒締め」ものは糖度の上昇やビタミン類の濃度の上昇が起こります。

ほうれん草はアクや苦味が強く子供が嫌う野菜の代表の1つかもしれません。昭和初期くらいまでは日本にあったものの好まれず、ほうれん草の消費が伸びたのは戦後以降と言われています。ホウレンソウ=ポパイの好物で食べるとパワーアップするというイメージを持っている方もいるかもしれません。アニメの誇張ではなく栄養的にほうれん草は優秀で、和洋食に幅広く利用できることや価格が比較的安定していることなど様々なメリットからここまで定着したとも言えるでしょう、

ほうれん草の歴史

ほうれん草の原産地は中央アジアから西アジア辺りの地域と考えられていますが野生種が発見させていないことなどから推測の域を出ていません。始めて栽培が行われたのはペルシア地方であったと考えられています。600年代にはシルクロードを通って中国へもたらされます。800年~1200年くらいの時期になるとムーア人によってスペインへと伝播してヨーロッパへと広まり、1800年初頭にはアメリカでの大々的な栽培が行われるようになります。それぞれの地での栽培や品種改良によって、ほうれん草は西洋種・東洋種に分かれていきます。

日本には16~17世紀頃に中国からほうれん草(東洋種)が伝来し、当初は「唐菜(からな)」と呼ばれていました。現在のホウレンソウというのは中国語の「菠薐(ホリン)」が転化したものです。江戸時代の節約おかず番付「日々徳用倹約料理角力取組」にもほうれん草の記述がある事から広く食されていたと考えられます。

19世紀になると西洋種が伝来しますが、アクの強さや土臭さから好まれず普及しませんでした。大正末期~昭和初期にかけて食べやすい交配品種が作られ、ほうれん草が広く食べられるようになっていきます。戦後はさらに品種改良が進み、アニメ「ポパイ」に出てくる缶詰の影響なども受けて、食卓に定着しました。余談ですがアメリカでもポパイの影響でほうれん草の需要が爆発的に増加した時期があるようです。

ほうれん草の主な栄養・効果

ほうれん草にはβ-カロテン、ビタミンC、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンE、鉄分、葉酸などが含まれており、多くの栄養素で野菜類トップクラスの含有量とされています。そのほかに目を酸化から守る、視力を回復すると言われ注目されてる色素成分「ルテイン」なども含まれています。

【貧血・冷え性の予防改善】

ほうれん草の効能で有名なものが貧血の予防・改善効果。
貧血予防に効果のある鉄分が100gあたり2.0mgと野菜類ではトップクラス。貧血・貧血気味の女性の多くが鉄分不足による鉄欠乏性貧血と言われています。加えて造血ビタミンと呼ばれる葉酸の含有量についてもほうれん草は野菜類トップクラス。葉酸は普通の食事で不足することは少ないですが、妊娠中や授乳中は意識的に摂りたい栄養素。ほうれん草だと葉酸と鉄分を同時に摂取できるので妊娠中の食事にも勧められる食材です。

また血栓の予防や血流改善効果のある「ピラジン」が含まれているため、ドロドロ血をサラサラな綺麗な状態に整えてくれる効果も期待出来ます。サラサラ血液になると手先・足先などの末端まで血流を送りやすくなります。また毛細血管の血行を改善するビタミンEとの相乗効果も期待できますから、血液自体の不足や血流の悪さから起こる冷え性・末端冷え性の改善にも役立ちます。貧血や冷えから起こる疲労感やだるさ、憂鬱感などの解消にも役立ってくれるでしょう。

【便秘・むくみに】

ほうれん草は100gに3.6gの食物繊維を含みます。これはキャベツやレタスなどの倍以上の含有量で、ごぼうやニラなどに劣るものの食物繊維が豊富な野菜であることは間違いありません。ヨーロッパでは「胃腸のほうき」という呼び名もあるほどで、その名の通り不溶性食物繊維が多いので腸の老廃物を巻き込みながら腸壁を刺激して排便を促進してくれます。不溶性食物繊維は水分を吸収して膨らむので見た目よりも満腹感を感じやすいでしょう。

また意外と知られてませんがカリウムの含有量が690mg/100gと非常に多く、きゅうりや冬瓜などカリウムが豊富とされる瓜科野菜の3倍程度の含有量があります。カリウムはナトリウムの排泄を促して血圧を低下させたり、ナトリウムが保持していた余分な水分の排泄を促すことでむくみ解消に繋がります。特に外食が多い方や味の濃いものが好きな方の場合はむくみ・高血圧改善効果が期待出来ます。夏ばての原因の一つとされる低カリウム血症の予防にも役立ちます。

【美肌・老化防止に】

ほうれん草は多くのビタミン含有量が緑黄色野菜での中でもトップクラス。老化防止に活性酸素を除去する抗酸化作用があるβ-カロテン(ビタミンA)、アンチエイジングや美肌に欠かせないビタミンCやビタミンE、美肌ビタミンとも呼ばれる新陳代謝を活発にするビタミンB群と美容の為に摂取したい栄養素の宝庫。しかもそれぞれの含有量が多く、ビタミンACEに至っては100gで1食分摂取量(目安値)を上回る数値になります。

ビタミンなどの補給源としても勿論ですが、貧血改善や血行促進効果によって肌の隅々まで酸素や栄養を行き渡らせ肌の新陳代謝を高める・くすみを改善し肌に透明感を蘇らせるのにも役立ちます。また便秘の解消によって腸の老廃物から発生する有毒物質による肌荒れの解消効果も期待できます。ほうれん草は総合的にアンチエイジングや美肌作りにアプローチできる野菜と言えるでしょう。

Sponsored Link

ほうれん草調理ポイント・注意

ほうれん草のビタミンCを壊さないよう、加熱時間は短くすると良いでしょう。また、少量の油を加えるとβ-カロテンの吸収率がアップしますの。

ほうれん草に含まれるシュウ酸はカルシウムや鉄分の吸収を妨げる、膀胱や腎臓に結石を作る、と言われていますが、それは一日にkg単位で接種をした場合の話で通常の食事量で食べるには問題ないとされています。気になる方はさっと茹でてアク抜きをするか、サラダほうれん草などシュウ酸の少ないものを食べるようにしましょう。

ほうれん草が効果を発揮する「お悩み」

  • 便秘・むくみの解消
  • 貧血の予防・改善
  • 冷え性の改善
  • 青色光(PC・スマホなどのブルーライト)から目を守る
  • 美肌作り・アンチエイジング
  • 妊娠中・授乳中の方に

効果アップが期待出来るほうれん草の食べ合わせ

  • ほうれん草+ゴマ・ゴマ油・もやし
    ⇒便秘解消効果
  • ほうれん草+アーモンド・豚肉・なす
    ⇒美肌効果
  • ほうれん草+ひじき・レバー・鶏卵・ブロッコリー
    ⇒貧血予防・貧血改善効果
  • ほうれん草+クルミ・ワイン・さやえんどう
    ⇒老化防止効果
  • ほうれん草+トマト・人参・ピーマン
    ⇒視力低下の防止効果

ほうれん草の活用方法・民間療法

りんごとほうれん草の生ジュースを朝・夕に飲むと便秘解消に効果的とされています。

ほうれん草をゆがいたものにごま油をかけて炒めたものは、のぼせ・頭痛・めまい・高血圧の改善に効果が期待できるという説があります。

 - 野菜 , , , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

  関連記事

PAGE TOP